こどもの“夢中”から広がっていく将来

初めは”夢”なんて大袈裟なものじゃない

ただただ大好きで夢中になっちゃうこと

その”夢中”に夢の種があると思うから
とにかくその種に水(あったかく応援する)を
あげるに徹します。

今日は長女バレエのコンクール
今回は厳しい結果になると思いますが
(経験者なので悲しいかな結果が見えちゃう)


少し前までは

バレリーナになる気がないなら

違うこと頑張った方がよくない?笑

って思ってた。

ホリエモンの本を読むまでは。

ホリエモンは
ある喫茶店でママ友同士のこんな会話を耳にしたって↓

『今、サッカーが大好きでも、プロになって食べていけるのはほんの一握り。そこへ入るのは難しいから高学年になったらサッカーはほどほどにさせて、勉強させなきゃね』

これに対する
ホリエモンの考えは

サッカー大好き=Jリーガー

この方程式しか頭の中にない親の思考回路にビックリした!

サッカー大好きで
スポーツ用品やスポーツウェアの開発
サッカー選手の体をケアする仕事
サッカーのゲームの開発者etc…

なんだってあるのに。

“サッカーが大好き”から発するエネルギーやモチベーションを潰すことの代償は大きすぎる

(私の解釈なので本文ままではありません)


私がこの本を読んだ時に
大切な娘の将来にも関わる
小学生時代の過ごし方を本人の意志優先にできたのは

間違いなく
私自身が #ママバラ で
“ママの私”と”個の私”のバランスを
とることに許可を出せているからです。

1人の人間として”自分らしく”あることの
幸せを体感してしまったら
娘にもパートナーにも自分にとっての幸せを
優先してほしいと思うから。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事