1. HOME
  2. バランス図鑑
  3. すべては時間が解決してくれたように思います。

バランス図鑑

特集

すべては時間が解決してくれたように思います。

インタビュイー
阿部由起子
Q.お名前とお子様の年齢を教えて下さい。 お仕事はされていますか?
阿部由起子です。東京都在住です。

5歳4ヶ月の長男と、生後2カ月の次男がいます。(2019年11月現在)

現在は育休中で、
コラムニスト、作家、イベントプロデューサーなどを、副業としてやっています。
Q.現在のmamaライフバランスを教えて下さい。
母になって5年4ヶ月です。
先月(2019年9月)第二子を出産しました。男児2人の母親となりました。
次男出産まではフルタイムで働きながら、将来を見据えて副業をしていました。

そして現在は、産休中(~2020年3月まで)ですが、それと同時に副業の事業をバージョンアップ中。
実はこの質問で気づいたのですが、今がいままでの中でベストバランスかもしれません。


【ママの私】として大切にしていること
とにかく、子供の目を見ること、瞳を見つめて話すようにしています。
今は産休中で多少余裕がありますが、仕事に復帰すると
「時間に間に合わせる」ということが多くなります。

たとえば、〇時〇分までに保育園に連れて行く、〇時〇分までに会社に行く、
〇時〇分に保育園に迎えに行く、〇時〇分までにお風呂に入れる・・・
ご飯を食べさせる・・寝かしつけする・・・などなど。
それに反して子供ってとってもマイペース。
ニーズとウォンツがまったく合いません笑。

そのため、母親の私が、余裕がなくなることもしばしば。いや、ほとんど。
子供の目を見ることで、なんとなく気持ちのゆとりもでるような気がしていて、
特に朝食時には心がけています。(そしてぶっちゃけできない日もあります)
子どもが安心して楽しく毎日過ごせているか?なども目を見ると分かります。

【個の私】として大切にしていること
私は、
仕事をすること=自己実現、
仕事をすること=日常をより彩り豊かにしてくれるもの
という価値観です。
なので、したい!と思ったお仕事はやる、ということにしています。

副業を始めたのもそのため。
なので、子供を小さいうちから保育園に預けることに関しては、
ある程度意見をされたり、非難されたりする覚悟はできています。
その代わり、土日まで仕事を入れないことにしています。

その為、平日は朝4時とか3時に起きて
(もはやこの時間に寝る人もるのでは?という)副業をすることもありますが、
楽しくてやりたくてやっているので大変というより、
「あーーーー!忙しい!!!!!でもやりたい!!やる!!!」という感じです。
Q.ママになってからの悩みや葛藤はどんなことがありましたか?
長男を生後10ヶ月から認可私立の保育園に預けました。
実は仕事復帰をしたこの年が体力的にも精神的にもきつかったです。
慣れない育児をしながらの仕事は、独身で子供がいない時のものといろいろ勝手が違いました。
そしてフルタイム勤務を選びました。
4月に保育園に入園し、6月に1歳を迎えると同時に延長保育(7時15分までにお迎えに行けばいい)にしました。

5時15分に仕事を終え大急ぎでお迎えに行っても6時30分近く。
延長保育は最初の2ヶ月はうちの息子だけだったので、
迎えに行くと、少し寂しい気持ち(延長保育を選んでよかったのか?)がしたのを覚えています。
「みんな時短なのかな?私もそうすればよかったかな?」
と自分のした決断が揺らぐこともありました。

また、今となっては息子の成長過程だった、という一言で済ませることができるレベルなのですが。
当時悩んでいたのは、息子が1歳をすぎたあたりから、お友達に噛み付く、噛み付かれるということが増えました。
どちらかといえば噛みつく方が多くて。
保育園のルールで、噛み付いたときにお友達に跡が残ると、お名前を言われ、
跡が残らなければ、お名前は教えてもらえず、お友達を噛んだ、とだけ報告を受けます。
お名前を聞いたときはもうそれは平謝りで!
ご父兄の方にすぐ電話かLINEを入れてました。

また噛み付くだけで、それを悪いことと認識し、自分の子育てや、
私自体も否定されたような気がして(誰もそんなこと言っていないのですが)激しく落ち込んだ記憶があります。
3歳ぐらいまで、ときどきそんなアクシデントが続きました。
また、もうやんちゃ坊主で、クラスの悪がき3馬鹿トリオの一人、なんて言われていました。
一番上のクラスのお友達が大切に育てている、あさがおの鉢植えに水を入れたり(悪気があるわけではない)などの
いたずらもあったなと今書きながら思いだしています。

とにかく、言うことを聞かない!落ち着きがない!悪さする!という三重苦でした笑。
今年に入って、すっかり落ち着いたらしく、園長先生からは、
「いいことなんだけど(いい子になってきた)、なんか寂しいですねw」といわれたのがとても印象的でした。

Q.悩みや葛藤を解決した転機を教えて下さい。
私の場合は実は転機というほど、ピンポイントで出来事があったわけではありませんでした。
すべて時間が解決してくれてきたように思います。

運よく、保育園のママたちは保護者同士の交流も大切にする人たちで、
集まりや交流を定期的に開いてくれることが多かった。
そのおかげで時間をかけながら親同士も交流してきて、少しずつ信頼関係を
積み重ねてきた様に思います。
だから子供同士でアクシデントがあっても大丈夫だったと思っています。

また息子が3歳の時(2018年)保護者会で、こんな出来事がありました。

先生たちより4歳になると人間関係が複雑になってくる。
おもちゃの数が足りなくなって遊べなくなったお友達が、「仲間はずれにされた」と
解釈をしてしまうこともある。
などのこれからの子供の成長についてデメリット?とあらかじめ教えていただいたことがありました。

それを受けて一人のママは
「子供のことだからいろいろあると思うけど、子供のことだからそんな深刻にならずにみんなで理解し合って行こうよ」
と発言したのが印象的で。

その一言で、子供も周りも保育園も信頼しようと思った記憶があります。

毎日の生活、その中でみんなとかかわることで必ず成長する、
という時間の捉え方はどんな育児ノウハウよりも効き目があると思っています。
Q.これからの夢はありますか?
これからの夢は、お仕事のスタイルを変え、それを成功させることです!
今は本業で商社のお仕事、副業でイベントプロデュースをしていますが、
どちらも3年くらいかけてバージョンアップさせて成功させたいと思っています。
時間・場所・考え方にとらわれないビジネスの立ち上げ準備をしています。

今夢中になっていることは文章を書くことです。

他のSNSでも連載させていただいているものがあり、2020年の4月を目標に出版する予定です。
今の私にとって書くことは生きることです。
Q.このストーリーをどのような方に伝えていきたいですか?
育児休業明け、もしくは仕事復帰を控えて、両立について不安に思っている第1子出産後のママに伝えたいです。
《編集部より》
育休中に副業をして、そこで自分のベストなママ・ライフ・バランスに気づくというのは、新しいですね!
なかなか、育休中は「子育てのために休んでいるのだから」と、育児以外はしてはいけないというような、思い込みがあるママも多いかと思います。

なんでもいいから、何か行動をしてみる。
それがバランスをとる近道かもしれませんね。
SNS
Facebook→https://www.facebook.com/yukiko.abe.100
日々の子育て、仕事の奮闘振りを背伸びせず書いています。ぜひお友達になってください。


*★会社員・起業家を応援
働く女性が《挑戦できる×学べる×つながれる》
無料オンラインサロン「エールプロジェクト」
https://www.facebook.com/groups/698393807198180/
高齢出産×育児×仕事、というテーマで月1回から2回ほど寄稿させていただいています。


*ママエール部 部長
次男出産日の9月13日にママの、ママによる、ママのための部活を立ち上げました。
働くママが輝きながら自分の挑戦できる場です。
URL調整中につき、入部希望の方は阿部由起子のFacebookまでご連絡ください。
キーワード
高齢出産ママ、仕事復帰、フルタイム復帰、仕事と育児の両立、子供は保育園、仕事も育児も楽しく、キャリアウーマン
この記事に関するご感想やバランス図鑑に関するご意見を募集しております。
バランス図鑑へ掲載をご希望の方もお気軽にご連絡下さいませ。
ご連絡はこちらのフォームからお願いします。