1. HOME
  2. バランス図鑑
  3. 子ども達を自立させた後の【私】は何をするの?

バランス図鑑

特集

子ども達を自立させた後の【私】は何をするの?

インタビュイー
すぎうら ゆきえ
Q.お名前とお子様の年齢を教えて下さい。 お仕事はされていますか?
愛知県大府市在住の すぎうら ゆきえ です。

電機メーカー正社員ワーママです。

一方で、
「現役ワーママが伝えるキッズコーチングでママと子どもを笑顔に!」
をモットーに、ママ自身とその子育てを支援する活動をしています。

子どもは3人
上から、5歳女の子、2歳男の子、0歳女の子です。(2020年1月現在)
Q.現在のmamaライフバランスを教えて下さい。
現在のmamaライフバランスは
長女の妊娠期間から含めて約6年、今が一番いいバランスだと思っています。

【ママの私】として大切にしていることは、
『子どもを自立させるために、手をかけるより心をかける』ということです。
言葉にすると何だか素敵ですが、要は適当に手を抜いているんです(笑)

現在は育休中で余裕がありますが、復職したら、まさに家庭と仕事との両立に
てんやわんやだと思います。
どんなに頑張っても、子ども達と接する時間は短くなる…。
そんな時に、ただただ手をかけてアタフタと過ごすのではなく、
短くても濃密な関わりを持てるよう、今の内から『子ども達の心を育てる、
心に寄り添う』ことを意識しています。



【個の私】として大切にしていることは、
『やりたいと思った事はやってみる』ということです。

幼い頃から、向こう見ずに飛び込みがちな性格ではありましたが、
ちょっとつまずいたり、壁が見えたりすると、急に尻込みしてしまう所もあるんです(笑)
だからこそ、自分を奮い立たせる意味で「やってみる」という想いを大事にしています。


また、【ママの私】にも共通しますが、ママとしての仕事は、あくまで
『子どもを自立させること』だとすると…

じゃあ、子ども達を自立させた後の【私】は何をするの?

と思った時に、やっぱり【個の私】の『やりたい気持ち』を実現するのに、
子どもが大きくなってから…なんて言わず、今この瞬間から大事にしたいなと
思っています。
Q.ママになってからの悩みや葛藤はどんなことがありましたか?
ライフステージが変わる毎に変化しなければならない事を、いつの間にか
すべて私1人で背負っていたことです。

たとえば、
・育休を取るのは私だけ
・復職したら時短勤務する
・保育園への準備や送迎は私がする
・食事・入浴・寝かしつけなど子どもの世話も私がする

それらを、"主人に何か相談したわけでもなく"、私1人で引き受けていました。

そしてその代償のように、仕事におけるキャリアアップはもちろん、
妊娠前までに築いていたポジションすらも、段々と失っていきました。


気がついた時には『私だけが変化している、失っている、負担している』という
現状に、子どもを産んだことや、主人と結婚したことそのものも後悔するような
状態になっていました。
Q.悩みや葛藤を解決した転機を教えて下さい。
転機は3つありました。

まず1つ目は、3人目を妊娠したことです。
子ども2人の育児&家事と仕事、この両立(3立!?)で充分すぎるほど慌しかったのに、
さらにもう1人増えるなんて…

『もうワンオペでは無理だ』 そう感じたからです。


2つ目は、2人目が生まれた後から学んでいたキッズコーチングです。
当初は、"自分の子育てに活かすだけ"のつもりでしたが、"周りに伝える"という
選択肢も選べる立場になると、母親でも、会社員でもない、新しいやりがいを
見つけるキッカケになりました。



そして最後にして一番大きかった3つ目は、会社の福祉イベントとして参加した
「復職後セミナー」でした。

ここで、
『ワンオペで乳幼児の命を育てることの大変さ』
『それと仕事を同時進行させることがいかに精神的にキツイことか』
『そしてコレを月曜~金曜までたった1人でこなすことがどれだけ重労働なのか』

このように講師の方に言ってもらえたことで、自分の本当の気持ちに
蓋をしていたことに気づいたんです。


『1人で全部こなすのは本当にツラい』

そう感じていたはずなのに、
「母親は私だから」
「主人よりも私の方が休みやすいから」
「みんなやっていることだから」…

そうやって勝手に決めつけ、苦しさを飲み込んでいたんです。


この3点が不思議と順番に起こり、自分の心と向き合うキッカケになりました。

結果的に、まずは主人に対してこれまでの不満と苦しみの限りを大爆発させ(笑)、
おかげで、主人の家事や育児の負担ぶりも上がりましたし、
私個人がやってみたいことも見つかりました。

何より、私自身が「家事育児しない」ことへの罪悪感がかなり少なくなったと思います。
Q.これからの夢はありますか?
『日本中のママと子どもが、いつも笑顔でいられる社会で、
子どもだけでなく、ママも胸をはって「ママの夢は◯◯だよ!」と言えるような
社会にすること』です!

プライベートな夢としては、家族でハワイ長期(1ヶ月とか)滞在や、
タヒチの水上コテージでのんびりリゾートステイなんかもしてみたいです。
Q.このストーリーをどのような方に伝えていきたいですか?
ワーママで、ワンオペ育児に悩んでいたり、会社と家庭の往復で毎日が過ぎていくことに、
疲弊したり焦りを感じたり"自分"を見失っているママへ
伝えたいです。
《編集部より》
自分の本当の気持ち気づくって、なかなか難しいのかもしれません。
蓋をしていたことに気づかせてくれた講師の方に出会えて、良かったですね。

この記事を読んで、同じように、心にしている蓋に誰かが気づいて欲しい。
今度は、ゆきえさんが、その講師の先生の役目となって、次の世代のママへ
情報のバトンがつながれるといいですね。
SNS
アメブロ
https://ameblo.jp/yukibee14/

インスタグラム
https://www.instagram.com/love_laugh.yukie

フェイスブック
https://www.facebook.com/yukie.hayakawa.9
キーワード
ワーママ、産休、育休、時短勤務、ワンオペ育児、ママ起業、パラレルキャリア、資格、子どもの才能を伸ばす
この記事に関するご感想やバランス図鑑に関するご意見を募集しております。
バランス図鑑へ掲載をご希望の方もお気軽にご連絡下さいませ。
ご連絡はこちらのフォームからお願いします。