1. HOME
  2. バランス図鑑
  3. 被害者意識・自己嫌悪→充実した毎日

バランス図鑑

特集

被害者意識・自己嫌悪→充実した毎日

インタビュイー
つぼい みき
Q.お名前とお子様の年齢を教えて下さい。 お仕事はされていますか?
つぼい みきです。
3歳と5歳の姉妹がおります。(2019年3月現在)

“ママの笑顔は家族の太陽”ドリームボード講師・コーチをしております。 

(家族のために無理してまで毎日笑っている必要なんてない。ママ自身がちゃんと自分を大事にして、自分の心に従って生きていくこと。それがママ自身の心を満たし、そして家庭に笑顔が溢れていくことにも繋がっていくという想いをこの言葉に込めています。)
Q.現在のmamaライフバランスを教えて下さい。
【ママの私】

★子育てで一番大切にしていることは何ですか?

子どもの気持ちをできる限り否定せずに受け止めること。
子どもが『ママ~』と話しかけてきたときはできるだけ手を止めて話を聞くことを大切にしています。

【個の私】

★自分を大切にするために意識していることは何ですか?

自分がやりたいと思ったことなど心の声に正直であること。
私の心地いいってなんだろうを軸にして、選択するときもそこを意識しています。
現在はやりたいこと、好きなことをしたいという私を家族は応援してくれています。

というより、イライラモヤモヤ脱出前からそうだったんだと思いますがそんな家族、特に主人の気持ちすらも気づけていませんでした。

ママとしての自分はもちろんですがが、個としての自分を楽しむことにかなりのウェイトをしめるようになったことで毎日が本当に充実していると感じるようになりました。
Q.ママになってからの悩みや葛藤はどんなことがありましたか?
結婚・出産をし、人並みの幸せは手に入れたという満足感があった産後の私。
しかし、現実は主人の帰りは毎日22時過ぎ。

家事、仕事、子育てを全て一人で背負いこみ、「どうして私ばっかりこんな大変な思いをしなきゃならないの?」と被害者意識爆発…
心のゆとりはどんどんなくなり、可愛いはずの我が子を前にイライラをぶつけては自己嫌悪の日々でした。
その頃は、こんなはずじゃなかったという日々を送っていました。

自分がやりたいことを優先することにも罪悪感があり、そのうち私本当はどうしたいの?と自分のことが全く分からなくなっていました。

この苦しさから抜け出したくてもどうしたらいいのかすらも分からない状況でした。
Q.悩みや葛藤を解決した転機を教えて下さい。
沖田厚子さんとドリームボードとの出会いです。
『自分の心と向き合う』ということを知り、自分の夢、やりたいこと、生き方をしっかりと考え始めました。

そして好きなことを仕事にしたいという想いが強くなり、正社員を卒業、起業を決意しました。
Q.これからの夢はありますか?
ママたちがもっと自分の夢や想いを話せる場、コミュニティーを地域に作ることが夢です。
子どもがいることを理由に自分のやりたいこと、夢を諦めてしまっていませんか?

子どもが欲しくて欲しくてママになれたのに、こんなはずではなかった…とモヤモヤしていませんか?

まずは自分の心の声に寄り添うことから始めていきましょう。
そしてどんなに小さなことでも大丈夫。行動にうつしてみてください。小さな一歩の積み重ねが今という現状を変えていきます。

あなたがやりたいと思ったことをやり、夢を追いかけ、夢を叶えていく姿を我が子へ見せてあげませんか?そしてあなたの背中から夢はいくつになっても叶えられること、夢は叶うものということをぜひ伝えていってほしいなと思います。応援しています!
Q.このストーリーをどのような方に伝えていきたいですか?
《編集部より》
「こんなはずじゃなかった」と被害意識爆発・・・
つぼいさんと同じく私も毎日心の中で呟いていた時期があります。

「自分と向き合う」ということを知り、実践する。これは簡単なことではないのかもしれません。

しかし仲間がいれば、安心して話せる場所があれば自分で自分の理想を叶えるということをただの理想で終わらせずに現実にしていけます。
つぼいさんはその体現者です。

年齢や環境ではなく、あなたの思いを聞かせてください。一緒に自分の思いを語ってみませんか?

そんな
つぼいさんのSNSはこちらです
BLOG
SNS
キーワード
#姉妹ママ #コーチング #ママ起業 #イライラ #被害者意識 #夢を叶える #仲間 #充実
この記事に関するご感想やバランス図鑑に関するご意見を募集しております。
バランス図鑑へ掲載をご希望の方もお気軽にご連絡下さいませ。
ご連絡はこちらのフォームからお願いします。