1. HOME
  2. バランス図鑑
  3. 母親力と選択理論心理学によって自分が変わることで周りにも変化が起きた

バランス図鑑

特集

母親力と選択理論心理学によって自分が変わることで周りにも変化が起きた

インタビュイー
まいまい
Q.お名前とお子様の年齢を教えて下さい。 お仕事はされていますか?
まいまいです。
1歳10ヶ月の子どもがいます(2019年9月現在)。
児童発達支援の仕事をしています。
Q.現在のmamaライフバランスを教えて下さい。
私は子供の最大の癒しだ!
"私が楽しむ"
そう決めてからは、子供の為にやっている事や遊びに行った時など、なんでも自分でやってみせ、まずお母さんが楽しむ姿を見せるようになりました。すると子供もチャレンジしてみようと真似っこしてくれたり、自分からやってみたいと表現してくれるようになり、だんだん、意思疎通ができている実感を持てるようになり、さらに楽しめるようになりました。
そして、夫の協力や保育園、ファミリーサポートを利用する事により、自分の時間が出来、自分がやりたい事を実現する為にパートを始めたり、学びの時間をつくることができるようになりました。
Q.ママになってからの悩みや葛藤はどんなことがありましたか?
◆妊娠中はママになる想像が出来ず、産まれてきた次の日まで、実感がありませんでした。(緊急帝王切開で産まれた為、子供にあったのは次の日でした。)

初めて我が子を見た時、私がこの子を立派に育て上げないといけないんだ。だけど、この命が何日も何ヶ月も何年も続くような想像が出来ず、ただ涙が溢れる入院生活でした。
お祝いに駆けつけた両家両親、友人の前では笑顔で過ごせるものの、病室に子供と2人になった途端、私に母親が出来るのか不安で仕方ありませでした。

◆周りには頼る人がおらず、頼れるのは夫だけ。
家事も育児も中々手伝って貰えず、どうにかお義母さんから手伝ってあげなさい。と一言、言ってもらいたかったのですが、返ってきた言葉は、"お金は稼いできてるでしょう。"でした。

私の母もお義母さんも
子供が小さい時は専業主婦。
家のことは全て自分でするのが当たり前。
母に至っては私と同じ、周りに頼れる人がいない環境。そんな中でも、やってきた。だからあなたも甘えないで頑張りなさい。話はいくらでも聞いてあげるからと辛くなる前に電話しなさいと。

私が間違ってるのかな。子供と24時間365日自分の時間がないのがしんどいのは私が母親としての自覚が無いからなのか?と自分を責めては落ち込み。
時折くるお義母さんからの連絡は
決まって、
『孫ちゃん熱出して無いですか?風邪引かせて無いですか?(季節のこと)ので気をつけてください。』
なんで、そんなこと言われないといけないの?という感情でいっぱいでした。

◆産院で、入院生活中や1ヶ月検診の際に先生から1ヶ月経てば、家の外に出て徐々に外の空気や光を浴びさせてね!
温泉行ったりとお出かけも大丈夫だから、お母さん、外に出るようにしてねと言われていました。
なので、徐々に外の空気を触れさせ、だんだんと外出時間を長くして、地域の赤ちゃんクラスの様なものに遊びに行ったりしました。
そこに遊びにきてたママさんに言われた一言
"こんなに小さいのによく連れてきたね。可愛そう"
道行く人に
"あなたこんな小さい子連れて歩いて、可愛そうと思わないの?"
と風当たりの強い言葉ばかりでした。

◆結果的に夫に対し、当たりが強くなり、夫との関係はズタズタ。何もやってくれないと夫を責め続ける日々でした。
Q.悩みや葛藤を解決した転機を教えて下さい。
私は相手に求めて、相手を変えようとするばかりでした。

転機は二つありました。
一つは私が育児を楽しもうと決め、母親力を学びに行ったことです。
生物学的に今、子どもはどんな状況か、だからこそどう接するべきか、肯定的に子供と向き合えるのか等を学び、何もわからない子育てについて学び始めたことにより、夫が変わろうとしてる私を認めてくれました。そして自分には何ができる?と聞いてくれる様にもなりました。

そしてもう一つは選択理論心理学との出会い。

相手に言われた言葉の解釈を変える意識をしています。
そして、私が学ぶことにより、夫にもいい刺激になり、お互いが切磋琢磨する様になりました。
それが何よりも、良い夫婦関係に繋がって、結果、母としても妻としても1人の女性としてもイキイキできる様になりました。
Q.これからの夢はありますか?
今は同じような悩みを持つママの支援事業をするのが夢です!
ママ達が夫を頼らず、自立できる環境を作り、支援することができたらと考えています。
Q.このストーリーをどのような方に伝えていきたいですか?
同じような悩みを持つママへと伝えたいです。
《編集部より》
周りからの言葉に傷つき夫婦関係もズタズタだったというまいまいさんですが、そこから自身で母親力や選択理論心理学を学び1人の女性としてイキイキできるようになった経緯が素敵だなと思います。
同じような悩みを持つママさんは多いと思うので、まいまいさんの体験をぜひ参考にしてもらえたら嬉しいですね。
SNS
キーワード
#母親力 #選択理論心理学 #緊急帝王切開 #ママ支援 #ママが輝く #自立 #夫を頼らない #笑顔
#社会貢献 #仕事 #両立
この記事に関するご感想やバランス図鑑に関するご意見を募集しております。
バランス図鑑へ掲載をご希望の方もお気軽にご連絡下さいませ。
ご連絡はこちらのフォームからお願いします。