1. HOME
  2. バランス図鑑
  3. 「休んでいたらいけない」という罪悪感に気が付いて、楽になりました。

バランス図鑑

特集

「休んでいたらいけない」という罪悪感に気が付いて、楽になりました。

インタビュイー
須長京子
Q.お名前とお子様の年齢を教えて下さい。 お仕事はされていますか?
静岡県の須長京子です。 
ネイリスト・空間お片付けアドバイザーをしています。
9歳と8歳の女の子がいます。
Q.現在のmamaライフバランスを教えて下さい。
【ママの私】は
子どもを一人の人間として接して、成長を感じている時が、

【個の私】は心の自由を語っている時に 喜びを感じます。
Q.ママになってからの悩みや葛藤はどんなことがありましたか?
長女妊娠の時、ツワリが酷くて入院をしました。

「ツワリは病気じゃない」という思い込みもあり、
仕事に向かったけど結局帰る経験も。

ツワリにどこまで耐えられるのかわからない不安。
水分すらとれないほどの状態になり、実家に帰省しました。
ネット検索してツワリ解消の情報を探しに探しました。


長女出産後、夫は育児や家事には協力的なのに、
なぜか私のイライラが多かったことを覚えています。

長女は、母乳をよく吐いていたので不安でした。

夫の転勤にともない家族で引っ越しすること6回。
その土地に慣れたり、人間関係を築いたり、情報をさがすのに苦労しました。
Q.悩みや葛藤を解決した転機を教えて下さい。
情報を調べるなかで、「ツワリでこんなに休んでいたらいけない」という
罪悪感が自分の中にあったことに気が付いて、
「子どもが生まれたらゆっくりすることもないから、今は休める時間」と
とらえたら、気持ちが楽になりました。


夫へのイライラは、初めての子育てで病院で習ってきたことを丁寧に実践する私の気持ちを、
悪気もなく夫が軽々こえていくと、私が感じていたことがもとでした。

「俺もやってみる!」と前向きに手伝ってくれる夫に対し、当時は感謝より
「私よりも先にできるようにならないで。」と感じているなと認めて、
気持ちを話したら、夫が歩み寄ってくれて、イライラや不安が減りました。

毎回のように母乳を吐く長女を見て、長女はちゃんと成長するのか
勝手に不安になっていたけど、検診で相談して問題がないことがわかって、
吐くこともあると受け入れることができるようになりました。

転勤を経験して「溶け込まないと」と人にあわせすぎていたけれど
「自分の心を大切にする」ことに気が付きました。

自分のやりたいことは何かを考え直したら、それまで無理と思っていたことを
子連れでもいいから形にしようと行動にうつせました。
Q.これからの夢はありますか?
これまでの経験も活かして、ネイリストも、片付けの仕事も、
見た目はもちろん、心が満たされて、
気持ち・思考がととのって穏やかに過ごせるようになるので、
お客さまと話す時間をもっと増やして、いい影響を増やせていけたらと願っています。
Q.このストーリーをどのような方に伝えていきたいですか?
自己肯定感が低いママ
転勤族ママ
自由を大切にしたいママ
へ伝えたいです。
《編集部より》
とてもたくさんの「~ねばならない」にしばられていて、しんどい思いをしたんですね。
同じような苦しみを味わっているママも、たくさんいると思います。
かつての私もそうでした。

そんなに頑張らなくてもいいんだよ、って、伝えてあげたいですね。
SNS
キーワード
転勤族、ワンオペ、年子、年子育児、自分磨き、自由、決断、小学生ママ、姉妹、静岡
この記事に関するご感想やバランス図鑑に関するご意見を募集しております。
バランス図鑑へ掲載をご希望の方もお気軽にご連絡下さいませ。
ご連絡はこちらのフォームからお願いします。