1. HOME
  2. バランス図鑑
  3. 「子育てだけじゃない自分のセカンドキャリア」を考え始めました。

バランス図鑑

特集

「子育てだけじゃない自分のセカンドキャリア」を考え始めました。

インタビュイー
宮木あさみ
Q.お名前とお子様の年齢を教えて下さい。 お仕事はされていますか?
静岡県在住の 宮木あさみです。
建築設計やインテリアコーディネーターをしています。
18歳の男の子がいます。(2019年9月現在)
Q.現在のmamaライフバランスを教えて下さい。
【ママの私】
一日の始まりに「いってらっしゃい!」と、
子どもを気持ちよく送り出す生活をおくることを大切にしています。
子どもの自立・選択を信じる子育てを実践してきました。


【個の私】
社会との接点をもっていたい!想いから、結婚・出産後も自分らしく働いてきました。
趣味のゴスペルを心から楽しんだり、子どもが成人間近となり
「子育てだけじゃない自分のセカンドキャリア」を考え始めました。
Q.ママになってからの悩みや葛藤はどんなことがありましたか?
30歳くらいまでバリバリ仕事をつづけるイメージがあったのですが、
入社2年目でまだ結婚も考えていなかったときに子どもを授かり、
今後のことをとても悩みました。

仕事も面白くなってきたころでした。
仕事を続けたかった思いがあったので
「いま産んだら、子どものせいで仕事ができないと思ってしまうかもしれない。」
という不安や葛藤がありました。


また、産んだあとに夫や会社との考え方の違いが判明し、調整に気を遣いました。
社内の産育休制度導入1号となり、働き方について社内で交渉することがとても多かったです。

大事な仕事の日に限って子どもが熱を出す、仕事のあとのお迎え、
家でも家族を優先してゆっくりできないなど、日々を送るだけで精一杯。

子どもが小学校4年生くらいになるまでは、自分の時間や想いを我慢していました。
Q.悩みや葛藤を解決した転機を教えて下さい。
出産前に産むことへの不安を解消できたのは、子どもができたことを夫が素直に心から喜んでくれたことです。

子どもが小学校4年生ころの転機は、ママ友きかっけで、ゴスペルをはじめたここと。
プロシンガーのバックコーラスをやてみない?という簡単なお誘いから、
ママでもない、会社員の自分でもない「私」の時間をつくれたことです。
Q.これからの夢はありますか?
発見・出会いを促す学校のようなコミュニティをつくることです。
いわゆる一方的に情報を伝達する学校ではなく、子どもから大人が学び、
多世代交流がすすむ空間であり、誰もが活躍できる場所です。
Q.このストーリーをどのような方に伝えていきたいですか?
兼業主婦に罪悪感を感じているママ、仕事の両立に悩んでいるママへ
伝えたいです。
《編集部より》
セカンドキャリア、そうですよね。
お子さんが大きくなって、実感も大きいですよね。
ママバラ世代のママたちは、今の現実が忙しすぎて、まだそこまで思いつかないかもしれません。

こういう先輩ママの気づきの視点って、ありがたいです。
SNS
Facebbok
https://www.facebook.com/machijuku.en/
キーワード
夫婦で乗り越える、一人息子、20代妊娠、仕事との両立、働く私、ワ―ママ、保育園、こどもの自立
この記事に関するご感想やバランス図鑑に関するご意見を募集しております。
バランス図鑑へ掲載をご希望の方もお気軽にご連絡下さいませ。
ご連絡はこちらのフォームからお願いします。