仲間募集中!

一緒にプロジェクトを
創りませんか?

公式アンバサダーとは?

ママバラは
子どもが夢を描き実現できる力をもち
社会へ出ていくことを家庭から渡していく
未来をつくることを目指す団体です。

そのために
母親の心が健康であり続けることを
サポートしています。

ママバラ公式アンバサダーは
"心の底から"幸せなお母さんを増やす!を
ミッションに手を繋ぐように力を合わせて
下さる賛助会員(毎月の寄付額500円)の皆様のこと。


私たちのオンライン子育て支援を
ご寄付で応援していただける方。
また、ご寄付だけでなく共に学びながら
考え行動していく仲間を募集しています。

mamaライフバランス 新しい日本語を創る

『幸せ』という言葉の定義は100人100通りです。多様な生き方が尊重されるようになった現代において、自らの意志でそれぞれに定義の設定が必要となりました。

ワークライフバランスという新しい日本語が
新しい概念を浸透させたように...

プライベートより仕事を優先すべき
→プライベートも仕事も大切
だから調和をはかろう!と変化しました

ママライフバランスという新しい日本語が
浸透することで

私らしさよりも母親としてこうあるべき
→私らしさも母親業も大切
だから調和をはからろう!と進化させたいのです。

"ママの私"と"個の私"を分けて考え
自分自身の幸せの軸に沿って
バランスをとることが、出産後の女性の
スタンダードな生き方になる未来をつくります。


子育て現場の現状 2019

"ママ"が"私らしさ"を見つけ、大切にすることが難しい。という日本の子育て現場の現状があります。

なぜならプロジェクトの立上げメンバー(2019年6月現在約124名)である私たちは『母親とはこうあるべき』『いい母親でなくてはならない』という無意識の思い込みにより、ただ"私らしく"あることが困難であったという経験をしてきたからです。

また『就学前の子どもがいる場合、母親は家にいるべき』と考える人の割合が日本は世界一(68.7%/プレジデントオンライン/ISSP2012より)です。

その背景には、現在28歳以上で子育てに関わっている大人は自分自身の母親が子育てを機に一度仕事を辞めた。又は辞めざるをえなかった時代に育てられています。(育児休業法の制定が1991年)つまり出産後は子育てに専念していた母親が無意識の中のロールモデルとして潜伏しており、目の前の現実とのギャップに苦しくなってしまうのだと考えます。

公式アンバサダーはこのギャップに葛藤するママへ"私らしさ"を見つけるサポートを行っていきます。

孤独な子育てを撲滅します

ミッション実現のために最も必要なことは
ママが"私らしさ"を見つけてその"私らしさ"を大切にできる【環境】を用意することです。

【環境】とは…
時間を過ごす"場所"と一緒にいる"人"です。

ママバラ公式アンバサダーの1人1人の力を合わせることで【環境】を創出します。

"ママの私"と"個の私"どちらかではなく『どちらも』大切にできる安心できる居場所を手のひらのスマホからすべてのママたちへ渡していきます。

ママが"私らしさ"を合わせもつと
子どもも"私らしさ"を失わない

今の小学生が大学卒業時には65%が今ない職業についていると予測され、2020年には教育改革が実施されます。これは国が正確に指示通り同じ動作をできる人材ではなく【自ら意欲的に考え行動できる人材】を求めているということです。

社会が変わり教育が変わろうとしている今『家庭』ができることはなにか?

ママバラは、この答えをママが"私らしく"生きること。と考えます。

公式アンバサダーの活動

1.ママバラのミッションに賛同しご自身の赤裸々でリアルなエピソードをバランス図鑑へ提供してくださる方

"ママ"な自分に縛られて"私らしさ"を見失い
何を軸に子育てをしたらいいのか分からない…

ママバラはその答えを見つけるヒントとしてママバラ図鑑の作製で100ママ100通りの幸せの軸の見える化を行っております。

47都道府県×100人=4700人分のエピソードを募集中!!!

ご賛同いただける方は、ぜひ!エピソードをお寄せくださいませ。

エピソード提供はこちらからお願いいたします

2.【バランス図鑑】へのエピソードのご提供に加え、こちらの2つに当てはまる方

☑ママバラのミッションに強く賛同している
☑応援の気持ちがあり主体的に関わりたい

ぜひ一緒に力を合わせましょう!

【特典】
1.ママバラ企画会議に参加できる!
(みんなの声を集めてプロジェクトを創っています)
2.プロジェクトの内側が分かる!
3."私らしさ"を大切にしているポジティブな仲間ができる



まずは、ママバラ♡プロジェクトサポーターズカフェへお越しくださいませ。

無料説明会開催情報はこちらからどうぞ

【公式アンバサダーの声】
ファイナンシャルプランナー
徳田えり

Q.なぜ公式アンバサダーへ立候補しましたか?

単純におもしろそう!と思ったのでもっと一緒に関わってみたいと思ったからです。実際の公式アンバサダーでの取り組みは未知でしたが少しの寄付とか投資のような感覚でもありました。

Q.ママバラの仲間になってみて得られたことはありますか?

公式アンバサダー同士の交流と実際に大きなプロジェクトを動かすことを間近で見れることです。特にママバラでの交流は、私が出産後に出会ったどんなコミュニティとも全然違い私自身が刺激を受け成長できることです。

あと、500円の寄付が参加しやすかったポイント!1000円だったら参加していなかったかもしれません(笑)500円でこれだけの環境があることは凄く魅力的です。

【公式アンバサダーの声】
主婦
前田ゆかさん

Q.なぜ公式アンバサダーへ立候補しましたか?

ママバラのプロジェクトの話を代表の厚子さんから聞いたときにとてもワクワクしました!そして自分自身がもっと早くママバラのようなプロジェクトに出会えていたらよかった…こんな想いもあり、応援する気持ちと共に私も積極的にプロジェクトへ参加していきたいと思ったからです。

Q.ママバラの仲間になってみて得られたことはありますか?

アンバサダーのみんなと関わっていく中で色々な視点からの意見を聞けて視野が広がることです。イイ刺激を受けて元気がでる居場所にもなっています。
また、安心して自分の意見を言えたり悩みを話せる場所になっていることです。

【公式アンバサダーの声】

おひさま歯科/こども歯科(愛知県知多市)
院長夫人(兼マネージャー)
松本まきさん

Q.なぜ公式アンバサダーへ立候補しましたか?

『自分自身の人生を心から幸せに生きたい』と願うママの力になりたいと思ったからです。プロジェクトの成長と共に私も女性として母として成長していけると確信したからです。

Q.ママバラの仲間になってみて得られたことはありますか?

自分の好きな時に好きな場所で(対面でもオンラインでも)好きなだけ関われる。というママバラのスタイルが心地よいです。また、多様な価値観をもったママさんと出会え交流できますが、皆さんママバラの発信するメッセージに賛同し集まっているので悩みを打ち明けた時に『不満・愚痴』ではなく『どうしたら解決できるのか?』といポジティブな会話になる環境が好きです。公式アンバサダーの交流や学びから充分な恩恵を受けています。

【公式アンバサダーの声】
会社員
MAYUMI

Q.なぜ公式アンバサダーへ立候補しましたか?

このプロジェクトに賛同した時に、ただ見守るだけではなく自分もできることは協力していきたいと思ったからです。

Q.ママバラの仲間になってみて得られたことはありますか?

ママバラに関わる皆さんはそれぞれ一生懸命で熱意のある方ばかりです。その一員として活動できることは、自分のエネルギーも同様に上がります!普段の仕事では得られない経験もあるので、ママの役割や仕事上の役割以外の自分を発見できる機会にもなっていると思います。

ママバラ サポーターズ カフェ
開催情報

公式アンバサダーに興味がある!
ママバラについてもっと知りたい方は
サポーターズ カフェに遊びにきてね

サポーターズカフェ開催情報はこちらからどうぞ

※スマホのテレビ電話から繋がって参加できます。

①zoomという無料のアプリをお手持ちのPCかスマホにインストールお願いします。

②インターネットが繋がる環境であればLINEのテレビ電話のように繋がり会話が可能になります。