【ママの働き方改革story】第2話 「どうして私ばかり?」が爆発

ご訪問くださりありがとうございます。

NPO法人ママライフバランス(ママバラ)
公式アンバサダーのつぼいみきです。
6歳と4歳の姉妹のママです。

現在はコーチ&福祉のお仕事のパートを月数回という働き方をしています。


3年前までケアマネジャーとして正社員で働いていました。
2人の娘を出産したときは産休育休を利用。

子育てをしながら仕事をするという初めての経験を通して、
本当に様々な困難・葛藤を経験し、
その中で感じた「このままでいいのかな?」という心の声。

そしてそんな心の声に気づいてしまったことで始まった、『ママの働き方改革』!!

出産から仕事復帰、働き方改革への波乱万丈赤裸々ストーリー(笑)を
何回かに分けながらお届けしたいと思います。

働き方に迷いがある方など同じ想いや悩みを抱えている方にとって、なにか参考になったら嬉しいです。

連載バックナンバーはこちら
第1話 わたし子育て向いていないかも!?

『○○しなきゃ』ということが頭の中を占領…

自ら望んで仕事復帰をした私を待ち受けていたのは
子育て・仕事・家事の両立の壁でした…

正社員時短勤務で16時までのお仕事。

仕事中はいかに定時で終われるようにするかを常に考え、
電話が鳴らないことを祈り、
パソコンとにらめっこの日々。

定時になったら即退勤!

保育園へお迎えに行き、
可愛い我が子にやっと会えたという安心感を胸に帰路につく。

帰宅後『ママ〜』と甘えたい我が子をよそに
私の頭の中はというと…

洗濯物取り込まなきゃ!
早く夕飯食べさせなきゃ!!
20時までには寝かせなきゃ!!!

こうやって私の頭の中は『○○しなきゃ!』に占領されていました。

我が家は平日はワンオペ育児。

主人の帰りはいつも22時過ぎ。
家事を残しておくのは申し訳ない。

それまでには全て片付けておかなきゃ。

『○○しなきゃ!』という思考が徐々に私を追い詰めていきました。

『どうして私ばかり!?』と被害者意識爆発!

1歳の娘は私の思うように動くはずがありません。

「早くご飯食べて!」
「どうしてこんなことするの!!」

こうやって『○○しなきゃ!』が占領し、効率的に進まないことにどんどんイライラが募り、
娘にもイライラをぶつけてしまっていました。

「仕事だけしてればいいなんて、いいよね」
とそのイライラの矛先は主人にも…

子どもと離れる時間が少しは欲しい。

そんな想いから自ら望んだ仕事復帰。

しかし現実は想像していたものとはかけ離れ、
『こんなはずじゃなかった…』という気持ちに押しつぶされそうでした。

私だって同じように働いているのに、
私は家事も子育てもやらなきゃならない…

『どうして私ばっかりがこんな大変な想いをしなきゃいけないの?』
とまさに被害者意識爆発!!

私の勝手な思い込みとも気づけずに…

いま振り返ってみると
『○○しなきゃ!』は完全に私の思い込み・決めつけであり、

主人に「全て家事を終わらせておいて欲しい」と言われたことも一度もありません。

でも私が勝手に「私がやらなければ」と思い込んでしまっていたのです。

 


第3話へつづく。
次回は『まさかの2人目妊娠』をお届けいたします。

【ライター】
TCS認定コーチ
マザーズコーチングスクール認定マザーズティーチャー
ママバラ公式アンバサダー
つぼいみき
バランス図鑑はこちらから

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事