今の時代の育児は楽なの?

generation

ご訪問いただきありがとうざいます。
NPO法人ママライフバランス(ママバラ)
公式アンバサダーのmomokaです。
もうすぐ3歳になる子を育てています。

まだ子どもが生まれたばかりの時、私は育児で何が正しいのかわからず、
周りの些細な言葉に振り回されていました。

先輩ママや人生の先輩と何気ない会話をしていた時、
昔の育児と比べて、こんな風に言われた一言が辛く感じる時がありました。

「今の時代は楽ね~、すぐにネットですぐに情報が集めれて。」

「今は色んな便利なものがあっていいね~。」

「今は色んな育児サービスがあって助かるわね。」

悪気の無い言葉が重しに、、、

言った相手には、私を責める気は全く無いのはわかっています。
ただ、その当時の私にはこれが重しでした。

「そうなんだ、今の育児ってネットもあるし便利なものもあるし楽なんだな。
だから、私、頑張らなきゃ。」

「周りに助けてって言ったら”楽してる”って思われちゃうかな。怖いな。。。」
と思っていたんです。

あれから2年以上経って、今ならそう思う自分がおかしいとはっきり言えます。

便利になったということは、その分大変なことも増えたということ

▼ネットですぐに情報が集められる

情報が沢山あるということはそれを集めて、精査して、正しいか判断しなければいけません。
今は子どもが少ないから子育てのリアルな経験を知らないんです。
情報が正しいかどうかもわからず、不安で仕方ないのです。

▼色んな便利なものがある

その便利なものだって所詮は道具。
人間みたいに臨機応編にはいかないし、維持費もメンテナンスも必要です。
便利なものより一緒に育児してくれる人がほしいです。

▼色んな育児サービスがある

育児サービスは勝手にきてくれないんですよ。
何枚も申込用紙を書いたり準備をしたり他人に気を遣ったり、、、
それをママは忙しい育児の合間にやっているのですよ。

昔の育児がうらやましい

今子育て中の私にとって昔の育児がうらやましいです。

・ママの周りに祖父母や近所のママ友がいて、当たり前のように助けあえたこと。
・兄弟が多かったり、近所に子どもがたくさんいて自然と子育てが学べたこと。
・田んぼや空き地があって子どもがのびのび遊べる場所が沢山あったこと。
・公共交通を使っても迷惑をかけないかビクビクしなくていい、社会全体で子育てができていたこと。

物がなく貧しかったり、軽い病気ですぐに亡くなったり、マイナス面も多いですが、
今にはない豊かで寛容な子育てが昔にはありますよね。

今も昔も育児は大変!

育児で苦労されてきた先輩から見れば、色んなことが便利になった「今」は楽に見えても仕方がないかもしれない。

でも、、、

今と昔は社会情勢も人間の価値観も全く異なるのに、どちらが良いなんて単純には言えません。
今は昔にはなかった色んな物・サービスがあって、便利で楽なのも事実。
今は失われてしまった良さが、昔にはあったのも事実。
どちらの時代にも良い面もあれば悪い面もあります。

私はそのことに気づいてから、上の世代の方から「今の時代は楽ね」と言われたら、こう言うようにしています。

「本当に便利でありがたいです。先輩方が苦労して変えてきてくださったおかげですよ。
ありがとうございます」
って。

generation

そうやって「感謝の輪」が次の世代にも繋がって、
我が子が子育てする時は、便利に、もっと豊かであってほしいな。

【ライター】
2歳の子を持つ専業主婦
ママバラ公式アンバサダー momoka

バランス図鑑はコチラから

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事