「ちゃん卒」セミナーに参加し、【個の私】の大切さを再確認!

ご訪問くださりありがとうございます。

NPO法人ママライフバランス(ママバラ)
公式アンバサダーの内藤しおりです。

先日、#ママバラで新たに始まる企画
『スマホdeおけいこ』のオープン記念として開催された
小田桐 あさぎさんの『「私、ちゃんとしなきゃ」から卒業する本』
出版記念セミナーに参加しました。

著者の小田桐あさぎさんって、どんな方?

私は、もう3年以上前から、あさぎさんのお名前は知っていて、ブログも何度か読んでいたものの、
SNSから受け取っていたイメージから自分とは別世界の方と感じていました。

でも今回のセミナーで、初めてご本人の話を直接聞けて、
ガラリとそのイメージが変わってしまったのです!

あさぎさん、凄く研究熱心で、“ちゃんとした”方でした!!
(↑あさぎさん、ごめんなさい!!)

SNS発信やブログ、本から伝わる力強いメッセージの裏には
研究熱心な熱い想いや探求心が根っこにある方。

ママバラ向けにオリジナルな内容を準備して下さり、
とにかく出し惜しみなく、実体験を交えながら濃い話が続き、あっという間の充実した時間。

たくさんあった話の中でも、特に印象深い話を2つご紹介します。

子どもを良い子にしたかったら、まず○○を最優先にするべき!

1つ目は、
あさぎさんご自身が、育児書を30冊以上も読み、
お子様と一緒に育児の実験にも協力し辿り着いた、子育てで大切なことについて。


子どもを良い子にしたかったら
まず母親を最優先にするべき

あさぎさんは、これにイチ早く気付き、実践しているため
子どもにイライラしたことが無いそう!!

そんな母親って本当にいるのかな??
セミナー受ける前はそう思っていましたが、これは複数の育児書に書いてあった

子どもを良い子にしたかったら
まず母親を最優先にするべき

を実践しているからだそうです。

30冊以上の子育て本を読むだけでも凄いと思うのですが、
ただのインプットに終わらず、確たる根拠を持ってご自身の子育てで実践されているところ、
そこがあさぎさんの凄いところだと私は思いました。

 

私はこの話を聞いて、
まさに、これ〝ママライフバランス”という言葉の意味そのものだ!
と思い、嬉しくなりました。

母親を最優先にするべき=【個の私】も大事にする
と同じ意味だと私は思い、
【個の私】の大切さを再認識できる時間となりました。

【ママの私】と【個の私】、どちらも大事で
自分らしいバランスを取ること。それがママライフバランス。

私もここに共感してママバラに参加しており、
やはりもっと世の中に広がって欲しい!と心から思いました。

「ちゃんとを卒業する」 本当の意味

シェアしたい2つ目の内容。

それは著書のタイトル『ちゃんとを卒業する』 の本当の意味についてです。

『ちゃんとを卒業する』とは、
他人の価値観で生きることをやめること

 

他人の価値観に縛られていること、私自身、まだまだあります。

・母親は、夜出かけちゃいけない
・ご飯は手作りで

これって本当に、私の価値観かな??
と疑ってみると、本心は違って、ただ縛られていることに気が付きます。

他人の価値観で生きる。
多くの母親たちは、この呪縛に苦しさを感じ
自分を責めたり、一人で抱え込み、
心を患ってしまったり、子どもに刃が向かってしまったり、
悲しい状況が生まれているのではないかな、と思います。

何か一つでも、
「○○せねばならない」
「○○であるべき」
という言葉が浮かんだら、

一度立ち止まり、
「それ本当?」
と自分自信に問いかけてみる。

本当に自分がそう思っているのか?
本当はどうしたいのか?
心の声をしっかり聞いてみる。

あさぎさんのセミナーは、こんなヒントが満載で、
私も、どんどん「ちゃん卒」して自分の価値観で生きよう!!
という強い想いがふくらみました。

スマホdeおけいこ でプロから学ぶ♪

ママバラでは、今回のように、新しい視点や気づきを得られる
「学び」の場を提供する企画「スマホdeおけいこ」がスタートしました。

色々なテーマで企画されていくようで、私も楽しみです♪

気軽に安心・安全・ノージャッジな場で、オンラインで参加できる
「スマホdeカフェ」も引き続き開催されており、
ママバラに触れる機会が増えて嬉しいな、と思います。

 

気楽なランチ会から様々な学びまで、
ママが自分らしさを見つけて、家族まるごと幸せ
を体感できるようになるママバラ。
良かったら、ご一緒に楽しみませんか?

 

 

【ライター】
上質資料クリエイター
NPO法人ママバラ 公式アンバサダー
内藤しおり

バランス図鑑はこちらから

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事