「なんか老けた!?」マスクの悲劇

ご訪問くださりありがとうございます。
mamaライフバランスプロジェクト(ママバラ)
公式アンバサダー 我妻(あがつま)香織です。

私は現在、子育てママ応援サロンをキャッチフレーズに、愛知県江南市でフェイシャルサロンを経営しております。

今の仕事を始める前は、私立の幼稚園に5年、公立の保育園に4年、勤務しておりました。

もともと自宅でサロンをしているので、在宅ワークになってもさほど生活は変わりませんが、
子どもが家にいるとやることが増えますね。。。

子どものことは大好きですが、保育園のありがたみをひしひしと感じています。
わが家は一人っ子なので、お子様がたくさんいる方は、、、
本当にご苦労様です。

 

マスクの中では・・・


さてみなさん、マスクをしていますか?
だんだん暑くなってきましたが、マスク生活はまだしばらく続きそうですね。

暑くなってきたことにより、マスク内ではこんな事が起きているんです!

 

・湿度が急上昇!

・蒸れて毛穴は全開!
(毛穴の開き)

・毛穴に汚れがたまりやすくなる
(毛穴の詰まり、角栓)

・毛穴に汚れが溜まっていることにより
毛穴が炎症を起こす(ニキビ)

・炎症を起こしたところに
メラニンが集まる(毛穴ジミ)

 

これだけでも十分恐怖ですが・・・

目元しか見えていないことにより、顔が無表情になっていたり、大きく口を開けないことで顔全体の筋肉のゆるみにもつながって・・・

いつの間にか、
顔全体の、しわ・たるみに繋がってしまうのです・・・!!

マスクをしていればメイクしなくてもよい?

また、マスクをしているからメイクをしていない、という声もよく聞きます。

 

そもそも、メイクは何のためにしていますか?

◎紫外線からお肌を守る

◎乾燥からお肌を守る

◎花粉や黄砂など外的刺激からお肌を守る

 

可愛く見せるのはその次の話なのに、見えていないしまぁいっか!
となっていませんか?

残念ながら、マスクは紫外線からお肌を守ってくれません。

紫外線はマスクの中に入り込み、これもまた、
シミ・しわ・たるみの原因となり

マスクを取ったら・・・

 

「なんだか老けてる~!」

となってしまうのです。。。

 

マスクをしているからと油断せず

『マスクの中でもニッコリ笑顔・きちんとメイク』

を心がけてくださいね!

 

マスク生活が終わった時に

「誰?」

とならないことを切に願います☆

 

【ライター】
ママバラ公式アンバサダー
メナードフェイシャルサロンLa nanarla
オーナーセラピスト・元保育士

我妻(あがつま)香織
バランス図鑑はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事