入学式、お休みしてみました。

ご訪問くださりありがとうございます。

mamaライフバランスプロジェクト(ママバラ)
公式アンバサダーの吉田淑恵(よしだ よしえ)です。

 

あなたは、自分の入学式って覚えていますか?

実はわたし、中学も高校も入学式の記憶がありません(笑)
なんでだろう?

 

大学の入学式は、かろうじてあるんですよ。

でもそれは、当時の学長が江崎玲於奈さんで、
「ノーベル賞受賞者に会える!」
っていう、入学とは関係ないところの興奮からです。

(実際に、学長の言葉も、講演会みたいで面白かったしね。)

 

だから、もしかしたら
大人になった今、記憶にないのであれば、
「入学式ってそんなに重要じゃないのかも?」って思ったんです。

入学式の日だけ登校して、また休校です。

体育館で集まるという連絡だったので、
私たち母娘は、入学式を欠席することにしました。
(学校の対応としても、出席停止扱いにしてくれました。)

これだけ3月の休校期間、外にほとんど出ないで頑張ってきたのに、
今ここで危険にさらすことはないなっていうのが一つ。

 

そして、主人は通常どおり会社へ出勤しています。
ということは、もしかしたら私達もウイルスを持っているのかもしれない。

それに加えて、
「あれ?入学式ってそんなに人生を左右するような出来事じゃないんじゃない?」
と思えたので、決めました。

入学式、一生の思い出になる?

答えはNO。それは自分自身が立証済みです。

私たち親子にとっては、入学式は不要不急でした。

 

もちろん、入学式に出るという選択をとる人も、ありだと思います。

それを否定するつもりはありません。
不要不急ではないという捉え方もできますからね。

 

ただ、コロナショックに思うことは
「今までの当たり前は当たり前じゃないかもしれない。」ということ。

アフターコロナの社会は、もう元どおりにはならないよね、きっと。
それならば、今までの常識や感覚のままでは対応できないでしょう。

 

『入学式=重要』という思い込みが、一つ外れるきっかけになりました。

今こそ、いろんな思い込みを外すチャンスなんだと思います。

 

あなたは、本当はどうしたいの?

誰かに叱られないとしたら、本当は何がしたい?

誰にも褒められないとしたら、本当は何がしたい?

これを機に、じっくり考えてみませんか?
必ず、子育てにもいい影響がでますよ。

 

このイレギュラーな事態はきっと記憶に残るでしょう。

私ね、小学校の修学旅行で、京都に行ったのに金閣寺を見なかったんですよ。
なぜかというと、金箔の貼り直しをしていたから。

それは今でも覚えています。
「金閣寺のあれ、貼り替えるんだ!」って、びっくりしたからね。

例年どおり、コースに組み込まれていたら、金閣寺の記憶なんてないかもしれない。

 

だからこそ、今の非日常の日常を、丁寧に生活をしていきたいですね。
今やっていることは、かなり印象深い出来事になるはず。

いつか「あの時は怖がり過ぎだったね。」って、笑い話にできますように。

 

【ライター】
ママバラ公式アンバサダー(岐阜支部長)
日本強み研究所 所長
一般社団法人ライフミッションコーチ協会®ライフミッションサポーター

吉田淑恵(よしだよしえ)
バランス図鑑はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事