トイトレ完了は年中になってからでした①

ご訪問くださりありがとうございます。

mamaライフバランスプロジェクト(ママバラ)
公式アンバサダーの杉浦雪絵(すぎうらゆきえ)です。

わが家の「トイトレ難航話」です。

赤裸々にご紹介しますが
少しキタナイ話も出てきますので、どうかご了承ください(笑)

今、トイトレに悩むママへの共感や安心の材料になれば嬉しいです。

トレーニングスタートは2歳から

私には、年中の娘(第一子)がいます。
その娘が、オシッコもウンチもトイレで出来るようになったのは
つい先日・・・

つまりはそう、、5歳なんです!!!

トレーニングスタートは、2歳(冬)ごろ。

保育園在園中だったため
”お友達と楽しくトイレ習慣”
から始まりました。

それが2歳半(春)ごろまで続きましたが
園の先生からは

「オシッコの成功回数は少ないですが、嫌がらずに行ってますよ♪」

という話をもらっていたので
『いずれ自然と行けるようになるだろう』
と気楽に考えていました。

家では “まったく” トイレに行ってくれないにもかかわらず(笑)

トイレへ行くことすらできない

夏前に保育園を退園することになります。
下の子が生まれ育休に入ると、年少未満児は退園しなければいけない
それが、私が住む自治体のルールだったためです。

復職予定は、翌年の秋。
その頃には娘はおよそ4歳で、年少での途中入園となります。

結論から言うと
保育園への再入園時点でも、ほぼ、家ではトイレに行けませんでした。

行かないのではなく「行けない」んです。

理由は

・ウォシュレットを誤動作させてお尻を洗われた事が怖くて
1階トイレには行けない

・虫を見つけてしまって以来
怖くて2階トイレにも行けない

= 家のトイレは怖くて行けない

さぁ困りました(笑)

再入園の前3ヶ月ほど認可外保育園に通わせることで、
“子ども用トイレなら座れる”
までには、なんとか心を回復させられましたが

トイレへ行く習慣でその程度ですから
ちゃんとオシッコが出来るなんて望めるはずもなく。。

復職後の
毎日が嵐のように過ぎ去り、私の心の余裕なんて爪の先ほどしか無いなかで
ようやく、本格的なトレーニングの開始となるのでした。。。

転機は『先生の笑顔』

ただでさえ、余裕が無くなりがちな復職直後。

お迎えに行く度に渡される汚れた衣服。
お昼寝もあるので、布団の持ち帰りもしばしば。
帰ったらすぐに、夕食→お風呂と動きたいのに洗濯に時間を取られる。

イライライライラ。。。

この矛先が、つい娘に向いてしまいます。

「なんでトイレ行かないの!?」
「オシッコ出る前に教えて、て言ったじゃん!!」
「漏れっちゃったら隠さず教えて!怒らないから!!」

3つ目にいたっては、完全にウソですよね、、
すでに怒ってますから、、、

そして娘は、怒られると必要以上に萎縮するタイプです。

なおさら、トレーニングがうまくいくはずありません。
今になって思えば、分かるんですけどね。

そんなある日。
お迎えに行ったタイミングで、娘が着替えていました。
横で、先生が床掃除をしています。

『あぁ、、また失敗したのか、、』

と私はまた、ため息をつく思いだったのですが
担任の先生は娘に “笑顔で” 声をかけていました。

「オシッコしたら、また教えてね」

本当にそれだけでした。
先生の笑顔も、”本当に” 笑顔でした。

『ズドン』と

何かをお腹に落とされた感覚でした。

『私、なにやってたんだろうな…』と。

担任の先生からも
「年少さんで失敗してる子もたくさんいますから、 全然大丈夫ですよ〜
娘さんのペースで進むのが一番です」

当たり前の事だったのに、どうして忘れてたんでしょうね。

その後、娘にも聞いたことがあるんです。
「オシッコは、どこでしたい?」と。

自信なさげではあるものの、はっきり答えてくれました。
「トイレでできるようになりたい」

『この気持ちがあるならいいじゃん!!』

心の底から吹っ切れた瞬間でした。

娘にとってトレーニングが進む特効薬は・・・

その日以来、朝登園する時に声をかけ合います。

「ママはお仕事で〇〇頑張ってくるから、
長女は『オシッコでた』って言うのがんばろうね!」

ここからは早いものでした。

失敗しても「出ちゃった」と言えるようになり
促されて行ったトイレでオシッコが出るようになり
自分から「オシッコ」と言えるようになり
何も言われなくてもトイレへ行けるようになり

『トイレトレーニングは子どものペースに合わせる』

この言葉通りであったと証明された、わが家のトイトレ話。
いかがでしたか?

もちろん他にも
トイレにシール作戦
某通信教育のオモチャ活用
強制的にパンツにして濡れる感覚を嫌がらせる
などなど・・・

イロイロ試しましたが、わが家の特効薬は

『私が怒らない』

この1点だったのかもしれません。

でも、まだ大きな難関は残っていたんです。
そう・・・「大きな」ヤツです(笑)
そのことはまた次で書きたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【ライター】
ママバラ公式アンバサダー

ママと子どもを笑顔に!ワーママしながらパラレルキャリア実現&体現
自分らしさ発見コーチ 杉浦雪絵
バランス図鑑はコチラから

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事