子どもが『バカ』と言われた時、親にできることって何だろう・・・

ご訪問くださりありがとうございます。

mamaライフバランスプロジェクト(ママバラ)
公式アンバサダーの杉浦雪絵です。

もし、お子さんが友達から『ばか』と言われた時

そうやって目の前でからかわれているのを見てしまった時

・・・みなさんなら、どうしますか?

私は今でも『あの対応で良かったのかな・・』と
後悔とは少し違う、モヤモヤした気持ちが残ったままの印象的な出来事があります。

地面に書かれた大きな「ばか」の文字

あれは、長女が年中の夏ごろのことです。

いま私は育休中=会社員のため、長女は短時間ですが保育園へ通っています。

お迎えに行った時のことでした。

園庭では、まだまだ夕方〜夜まで在園する園児たちが遊んでいます。

その中を
「長女ちゃん、バイバーイ」「◯◯くん、バイバーイ」
なんて挨拶しながら帰っている時

長女と同じクラスのAちゃん、Bちゃんが、長女を呼びました。

「見て見てコレーー!!」

と地面を指差します。
そして

「『(長女)のばーか』だって〜〜〜!!」

たしかに大きなひらがなで「長女のばか」と書いてありました。

そしてAちゃん、Bちゃんは続けます。

「Mくんて悪いからさ、きっとMくんが書いたんだよー」
「Mくんわるい〜〜」

長女はそれを聞くと

「もう〜、Mくんてホント悪いよねー!」

このやり取りの間、Aちゃん、Bちゃんは終始ニヤニヤしていました。

ただ見たところ、Mくんの姿は園庭にありません。。
ということは、すでに帰宅しているんでしょう。

親としてできる事は何だったのか・・・

Aちゃん、Bちゃん2人の態度や、
Mくんは帰宅済みだと思われること、
書いてある場所は、園児たちが走り回る園庭・・・

つまり、たとえばもし、

本当にMくんが自分の帰宅前にラクガキしていったとしても、
遊び回る園児達の足ですぐに消えてしまうような場所だということ、、

状況を考えると、おそらく書いたのはAちゃん、Bちゃんだと思いました。

でも確証はありません。
そして何より、娘がさほど気にしていなさそうでした(笑)

そのため、娘の心の面は心配しなかったのですが・・・

ただ、年中といえば、ひらがながようやく書けるようになってくる頃。

その覚えたてのひらがなを、

クラスメイトの冷やかしに使ってしまうこと
その場にいない誰かを悪者にすること
その言葉を鵜呑みにして、
証拠もないのに悪者だと決めつけること

それらの事が私にはどうしても引っかかりました。

娘には、「証拠もないのに誰かを悪く言うのは良くない」
とは伝えましたが、
結局Aちゃん、Bちゃんには何も言えずじまい・・・。

その日、もしかしたらAちゃん、Bちゃんに対して
娘が何か不快な思いをさせたのか・・・

1人1人を見たら、私にもよく話かけてくれたり、
挨拶をしたら照れちゃうような幼さの残る子たちなのに・・・。

子ども達の人間関係と手を出したくなる親心

子ども同士の人間関係は

子ども自身が、学び、経験して、少しずつ築いていくもの

アタマでは理解していても
どうしても “つい何か手や口を出したくなる親心”

それをまさに目のあたりにして、痛感した出来事でした。

読んでくださったあなたなら、こんな時どうしますか?
自分のお子さんに、はたまたお友達に、何て言葉をかけますか?

良かったら聞かせてくださいね。

【ライター】
ママと子どもを笑顔に!会社員しながらパラレルキャリア実現&体現
ママバラ公式アンバサダー 杉浦雪絵
バランス図鑑はコチラから

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事