子連れ不妊治療

mother&son

ご訪問ありがとうございます。
mamaライフバランスプロジェクト
公式アンバサダーのmomokaです。

新年あけましておめでとうございます!
お正月はいかがお過ごしでしたか?

「令和リアル」は本日より配信スタートです♪
2020年も、mamaライフバランスをどうぞ宜しくお願い申し上げます。

susan-lu4esm / Pixabay

私は現在、2歳の子を連れて不妊治療の通院をしています。
授かりにくい体質なので、1人目の子は2年不妊治療をして授かりました。
2人目もできるだけ早いほうがいいと考え、授乳が終わってすぐ妊活、通院を開始。

「子連れで不妊治療できるの?」と思われるかもしれませんが、

はい、できます。

ただし、周囲の協力が必要不可欠なのと、制約が多いと私は考えています。
(あくまで一個人の経験談なので医療情報については正確なものではありません。)

1、病院

まず、多くの不妊治療の専門機関は子どもを連れて行けるような場所ではありません。
みなさん妊娠したくて通っているわけですからね。
患者さんの中には子どもを見るだけで辛いという方もいますし、、、

私の場合、お世話になった不妊治療の病院から近所の産婦人科に転院しました。
ここなら妊婦さんも通ってるので安心して連れて行けます。

通える病院が近くにあってラッキーと思われるかもしれませんが、
妥協して選んだ結果です。
転院した先の先生はデリカシーのない言い方をする先生で、もし1人目なら絶っ対選びませんでした。

けれど、子連れ不妊治療は子どもが第一。
家から通いやすいことと、 待ち時間が短い、待合室にキッズスペースがあることなどが決め手になりました。

2、できる治療ステージ

一般的な不妊治療はタイミング➡︎人工授精➡︎体外受精➡︎顕微授精というようなステップで進んでいきます。
どこまで子連れで治療が受けられるかはその病院によって違うと思いますが、
高度になるほど難しいはずです。

今の病院は子連れで人工授精までならできます。

「えっ子連れで人工授精できるの?」と思われるかもしれませんが、

できちゃいました!

人工授精は施術されてから20-30分、ベッドに横になっていなければいけません。
最初は私も無理だろうと思って子どもを託児に預けて施術を受けていましたが、

慣れてくると一緒に連れていき、一緒にベッドでゴロン。

私が施術を受けている間、子どもはお菓子を食べたりyoutubeでトーマスをみたりしてリラックス。

施術中は私も緊張するので、子どもに大分癒されました。

3、周囲の協力

現在、月に5.6回子どもを連れて通院していますが、疲れていて子どもを連れていくのが大変だったりする日もあります。
そんな時は夫や義父母に預けて、リフレッシュがてら1人で行きます。

「不妊治療を親や義父母に協力してもらうのはちょっと、、、」という方、

すっごくわかります!

私は義父母に不妊治療をカミングアウトしてますが、それでも頼むハードルは低くありません。
なので、ファミリーサポートや託児施設、ママ友など頼れるものにどんどん頼っています。

mother&son

いかがだったでしょうか?
2人目は早くほしいけど、1人目がまだ小さくて手がかかるから不妊治療は無理、、、とあきらめている方。
少しでも参考にしていただければ幸いです。

最後に、一人目の時の不妊治療は生理が来るたびに落ち込んでいましたが、
今は子どもがいるのであまり落ち込まなくて済みます。(というか落ち込む暇がない。)
未来の我が子も大事ですが、今そばにいてくれる我が子のことを大事にしながら治療を進めたいものです。

【ライター】
二歳の子を持つ専業主婦
ママバラ公式アンバサダーmomoka
バランス図鑑はこちらから

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事