離婚が頭をよぎったら…どうする⁈①

 

ご訪問くださりありがとうございます。
mamaライフバランスプロジェクト(ママバラ)
公式アンバサダーの佐藤朋子です。

愛する人と結婚し、子供もでき…平凡でも幸せな毎日を送っていたのに!あの日あの時あの場所で!突然『離婚』の2文字がよぎる時…

まずどんな事をするの?今より幸せになれるの?養育費は?裁判は?などの疑問を、離婚専門行政書士から学んだリアルな情報を「知る」ことによって

悲しい・苦しい・貧困・孤独・早まった…離婚を減らしたい!のが私の願いです。

本来なら離婚はしないに越したことはありません。

離婚が頭を過ぎってもまずは作戦を考えて!

即離婚をした方が良いのは、母子に危険が及ぶ時です。

そこまででは無い場合、色々と作戦を練ること・調べること・金銭的なプランを組み立てることは大事です。

どうしても同じ屋根の下ではもう過ごしたくない!同じ空気を吸いたくない!相手の不貞行為などが原因の場合、感情的になり冷静に考えられなくなります。

少し距離を置くことで勘違いであったり、無計画な離婚にならないためにも

取り急ぎ、生活費(婚姻費用)の話し合いだけをして別居するのも1つの案です。

別居しても夫婦は夫婦。扶養義務があります。


「別に暮らしているのだから、
生活費は負担しなくてもいいだろう」と考えてしまいがちですが、別居しても夫婦は夫婦です。

お互いに扶養義務はあります。

話し合いがまとまれば公正証書にしておくと良いでしょう。強制執行約款もつけることができるそうです。

話し合いがまとまらなければ調停を申し立てることもでき、調停でまとまらなければ審判で裁判所がお互いの状況を考慮して、金額を決めてくれます。

夫が会社員・妻が専業主婦・子あり/別居のメリット


まず、夫から受け取る金額ですが

別居のときの『婚姻費用』と離婚したときの『養育費』を比べると

夫は妻+子供と別に暮らすことになり

主に夫が家計を支えている場合、別居して婚姻費用をもらうのと、離婚して養育費をもらうのとでは

婚姻費用の方が裁判所の算定表上の金額は高くなります。

なぜなら、養育費は子供の為の費用ですが

婚姻費用は妻+子供の為の費用になるからです。

(妻側が不貞などの破綻の原因を作った場合はこの限りではありません)

 

【ライター】

○ ICA異性間コミュニケーション協会認定講師
○結婚できる婚活学校・パパとママの感謝の学校
○パートナーシップのための大人の性教育
○ふくしま結婚・子育て応援センター相談員
○農林水産活性化構想研究会所属
○地方創生さわやかサポーター
○ひとり親コンシェルジュ
○Re:Love Communication Salon~輝磨~代表
○再恋活・再婚活・円満離婚・パートナーシップスペシャリスト
ママバラ公式アンバサダー 佐藤朋子

バランス図鑑はこちら

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事