パートナーシップスペシャリストへの道・離婚/再婚手記②

ご訪問くださりありがとうございます。
mamaライフバランスプロジェクト(ママバラ)
公式アンバサダーの佐藤朋子です。

若気の至り、同居からの妊娠そして…


親の期待通りに歩まされてきた私にとって

今の仕事がとても楽しくて仕方がありませんでした。

服や雑貨をLAに買いつけに行ったり
殆どのお客様が外国人だったBarは
海外に住んでいるかのように刺激的でした!
 

 
しかし同居・同棲が始まってすぐに、相手の両親に
普通の仕事に就くようにと諭され渋々転職。
 
 
元々短大の幼児教育科を出ていたので、すぐに市の保育園に就職が決まりました。
 
同居していた家は祖父母の時からのもので
とても古く、祖母や義母は質素でした。
 
家は本当に質素で義父が無職であるにもかかわらず
高級車に乗り、酒・ギャンブルに明け暮れ…
元の夫もまた、高級車に乗り
ブランド品の財布や時計を持っていたりと羽振りがよく
今思えば、この時に浪費癖で見栄っ張りな所を見抜ければよかったのですが…
 
恋は盲目です。
  
 
年下の義姉は家事を一切せず
働きもせず部屋にひきこもり
同じ屋根の下にいてもあまり顔を合わせず
 
 
そんな義姉に家事を手伝うように
私から言ってくれないかと
義母と祖母に頼まれましたが
義姉は全く聞き耳持たずでした。 
同居の問題とは嫁姑だけではなく
もっと根ぶかいのは兄弟姉妹かもしれませんね。
  
 
保育士をしながら、家の手伝いもし
結婚を夢みて過ごす平凡で幸せな日々…
 
そんな中…
出会って3ヶ月程で妊娠が発覚しました。
 
 
私たちは本当に子供が欲しかったのでとても喜びました。しかし若気の至り。
若いからこそ焦らず段階を踏めばよかったと思います。
 
 
 
ぶっちゃけ話に父唖然…。
 
私の父が厳格であることは前回書きましたが
 
デキ婚や離婚に対してもかなりの偏見を持つ父でした。
 
 
妊娠が発覚してすぐに
義母と元の夫と私とで実家に向かいました。
 
義父は行くと口ばかりで結局同行せず…。
  
 
私の母は何となく 感づいてはいましたが
父は結婚の挨拶かなにかなのかと思って
ソワソワしていました。
 
 
元の夫は厳つい見かけのくせに気が弱く
モジモジしていて何も話せず
痺れを切らした義母から出た言葉が…
 
 
「ぶっちゃけ出来ちゃったんですよね!」
 
でした。
父「…」私「涙」
 
 
そんな言い方ある?!?!「ぶっちゃけ?!」って…
心から驚きました…あの時の父の顔を今でも忘れません。
 
 
とにかく半年以内に結婚式を挙げようとなり
その日は実家を後にしました…
 
「挨拶」と第一印象というのは良くしておかないと
後々両家のわだかまりは続くことになります。
 
 
 
流産・集中治療室・そして…
 
通院しながら保育士は続けていましたが
日に日に出血するようになりました。
 
心配で何度も病院へ行きましたが
問題ないと言われ…
 
何度目かの通院で
「あれ、こりゃダメだね。」と言われました。
 
23歳初めての妊娠・そして流産でした。
 
 
何その言い方?!?!と思いましたが…
悲しむ間もなく、すぐに処置を施しました。
 
 
しかし処置をしても何日も出血がとまらず…
病院を変え総合病院へ
診察すると即入院で集中治療室に入りました。
 
 
私の子宮は傷つけられ腫れ上がり…絶対安静でした。
更なる悲しみに枕を濡らすしかできませんでした。
 

   
退院しても
しばらくは近所の赤ちゃんの鳴き声も辛く
保育士として赤ちゃんを見るのも辛い日々
 
 
結婚式は予定通り行うことになり
この式を巡って、元の夫の実家の本性が
少しづつ解き明かされることなりました…
 
 
続く…
 


【ライター】

○ ICA異性間コミュニケーション協会認定講師
結婚できる婚活学校
パパとママの感謝の学校
パートナーシップのための大人の性教育
○ふくしま結婚・子育て応援センター相談員
○農林水産活性化構想研究会所属
地方創生さわやかサポーター
○ひとり親コンシェルジュ
○Re:Love Communication Salon~輝磨~代表
○再恋活・再婚活・円満離婚 
パートナーシップスペシャリスト

ママバラ公式アンバサダー 佐藤朋子

バランス図鑑はこちら  
 
 
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事