ラスボス”寝かしつけ”は何歳まで?

ご訪問くださりありがとうございます。

mamaライフバランスプロジェクト(ママバラ)
代表の沖田厚子です。

 

我が家の娘は現在1年生と6年生です。

次女が小学生になった今年から
確実に子育てのステージが変わった!

と実感しています。

とはいえ

まだ小学生ですし

下は1年生で自我の強いタイプなので

色々あります(笑)が。今日は割愛します。

“子育てのステージ”が変わったと

実感したのは

とにかく”お世話”的な作業が減ったこと!!!

これにつきます。

お世話任務の中でも

ラスボスの”寝かしつけ”がほぼ不要になったことは

別人の人生を生きているかと思うほど(←どんだけストレスだったの?笑)

快適です。

⇑ママじゃない自分を解放中の一コマ

今日この記事を書いているのは

「お子さんが小学生くらいになれば

寝かしつけ含め色々ラクになるから

希望をもって!時間が解決するわ!

それまでは、がんばって!」

ってことを言うためではありません。

私は、ほんの1・2年前まで

毎日、ラスボスの”寝かしつけ”と戦う日々でした。

なぜなら、

『子どもが自分から一人で寝れるよ。』って言うまでは

添い寝で寝かしつけなければならい。
添い寝で寝かしつけるのがふつう。
みんなそうしてる。

泣くのに、添い寝してあげないなんてかわいそう。
添い寝で寝かしつけないと愛情不足になるかもしれない。

そんな風に思っていたからです。

極めつけには

子どもが大きくなるまでは
毎晩このラスボス”寝かしつけ”と戦うことが
母の私の宿命。

子どもが大きくなるまでは逃れられないもの。

そう思っていました。

ある2人のママのエピソードを聞いて
私の価値観はガラリと音を立てて崩れました。

この2人と出会わなければ
あと何年寝かしつけをしていたのか分かりません。

エピソード1

「うちの子、中三なんだけど未だに一人で寝られなくって

寝かしつけしてるの~」

(そのお子さんは男の子でした)

え????と、衝撃をうけました。

この時に「子どもが大きくなるまでは…」の

「大きく」って何歳なんだろう。と自問自答しました。

エピソード2

「うちは添い寝の寝かしつけは1歳の誕生日まで

って決めてるから♪」

(1・3・5歳3児の母、伊豆はるかさん)

私はまたまた衝撃を受けました。

思わず「泣きながら嫌がりますよね?」

と聞かずにはいられませんでした。

彼女の回答をシェアします。
(私の解釈で再現しています)

「3日から1週間くらいは泣くけれど

子ども自身の寝室に入る”おやすみの儀式”を決めて

ルーティーンにしてしまえば

それが習慣になるから、

習慣になってしまえば本人たちはヘッチャラだよ」

「一人ずつ、ハグをして

ラブラブビームとか手のひらから愛を注入するね!とか

その日に本人の希望をきいて

寝室に入るのを愛を込めて見送るの!」

・・・・マジか!!!

そんな方法があったとはっ!

3人目を出産することがあったら

ぜひ採用したい!!!と思いました。

寝かしつけに関する前提

はじめに述べたように

私は”寝かしつけ”に関して

とても多くの前提を持っていたことに

この2人との出会いで気づかされました。

寝かしつけが苦にならないわー

とか

寝かしつけっていうか
私は子どもと一緒の時間に眠たくなるから
一緒に就寝してるだけ

という方は
そのままで問題ないです(^^

私のように

・子どもたちが寝た後にやりたいことがあって
・添い寝しながら『早くねて!』とイライラしたり
・添い寝がながびいて本当は起きてやりたいことあるのに
自分の体力の限界を迎えて寝落ちしちゃってショックを感じたり

・子どもが寝ているときしか1人になれないから
早く寝てほしいのに全然寝なくてイライラしたり

・本当は話題のドラマが見たいのに1時間以上
添い寝してたらドラマが終わっててショック受けたり

・後から洗おうとおもってた食器を寝落ちしたことで
洗えず…朝からげんなりしたり

こんな風に

感じているママへ

寝かしつけの前提を今一度

ご自身の中で検討してみてはいかがでしょうか?

“寝かしつけ”をどうするかは自分で選べます♡

子育てあるあるを
しゃべって発散したり

こんな時どうやって乗り切った?
自分以外のエピソードを『知る』ことで
子育ての悩みが解決できることがあります。

自宅からスマホで参加しておしゃべりできる
ママバラ オープンカフェはこちら

【ライター】
ママバラ代表
沖田厚子
バランス図鑑はこちら

3歳神話の盲信
私の幸せは子どもが幸せになること
産後ウツ(産後クライシス)
別居
ワンオペ育児
精神的孤独
子育て現場の情報格差

★1981年生まれの私がママバラを立ち上げた理由はこちらからどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事