小さい頃から保育園に行くのは可哀想?

ご訪問くださりありがとうございます。

mamaライフバランスプロジェクト(ママバラ)

公式アンバサダーの城崎りかです。

5歳、2歳、0歳の男の子のママです。

小さい頃から保育園行かせるのは可哀想…

これは、長男の時の出来事。

生後11ヶ月、私が育休明けのため保育園に預けたときに義母達から言われました。

私の勤務時間は、9時から18時

フルタイムでの復帰のため、朝は早く夕方遅くの送迎

初めての子供で初めての保育園、そして子供が生まれて約1年ぶりの仕事復帰

私にとっても子どもにとっても初めてだらけの事

不安・心配しかなかった当初。

そんな気持ちも不安定な中言われたことが…

「こんな小さいうちから保育園に行かせるなんて…」

「小さいうちは親元にいるのが一番」

「仕事辞めないの?」

「今からどんどん一緒の時間が少なくなっていくんだから、今、しっかりと一緒にいた方が」

「子どもが可哀想!」

その当時は、自分自身もなれない子育てと仕事の両立

もっと子どもと一緒にいたい

でも、仕事をしないと生活が…

でも、一緒にいれるのは小さいうちだけ

でも、仕事もしたい

そんなことは欲張りなんだろうか…

と、グルグルグルグル色々考え、思っていた時期

「可哀想!」と言われた瞬間、

私は悪いことしてるんだろうか

私の子どもは、可哀想なんだろうか

自分のやっている事が全ていけない事をしているように感じて泣いていた日々でした。

でも、子どもってすごいんですよね

あんなにお母さんと離れることに泣いていたのに、コロッと

「バイバーイ」と自ら手を振ってくれたり

お友達や先生とニコニコ楽しそうに遊んだり

その子どもの成長する姿を見ていくたびに

子どもは可哀想なんだろうか?

誰が可哀想と決めるんだろう?

可哀想って決め付ける方が可哀想だ!

私が可哀想って思ったら本当に可哀想になっちゃう!

と、感じるようになっていきました。

子どもは、ママの様子をすばやくキャッチするはず、ならば

ママって、すごい!って思ってもらえるように

ママってかっこいい!って思ってもらえるように

楽しんで仕事している、楽しんで過ごしてると感じてもらえるように

子どもを信じて、自分も頑張ろう!と思い、今に至ります。

現在は、元気な3兄弟のママとなり、ますます自分の人生、楽しむがなんぼ!を伝えられるママになれるよう楽しく子ども達と過ごしたいなと、思っています!

だから、小さいうちから子どもを預けるのを躊躇しているママさんに伝えたいです。

大丈夫

子ども達は可哀想なんかじゃない

子ども達はニコニコしているママが大好き

子ども達を信じて、ママも自分も心から楽しむことが大切です

ママの笑顔は子ども達の笑顔に繋がります

そう、私は信じてます。

 

 

【ライター】

3兄弟ワーママワークライフスタイリスト

ママバラ公式アンバサダー 城崎 りか

バランス図鑑はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事