旦那さんや子どもに対してのイライラは激減できる♡

ご訪問くださりありがとうございます。

mamaライフバランスプロジェクト (ママバラ)

公式アンバサダー綱川エミです。

 

結婚って本当にイバラの道だ!!我慢しながら上手に過ごすしかないの?

女性としてずっと夢にまでみていた結婚

憧れの新婚生活に妊娠・出産

ママ友と会う時は「私たち平和で幸せだよ♡」オーラを装っていました(笑)

でも、実際の日常はいつもイライラとの葛藤。

旦那さんの脱ぎっぱなしの靴下やパジャマにイライラ

イヤイヤ期真っ最中の息子のギャン泣きにイライラ

夕食の後片付けはいつも自分だけがやってるように思えてイライラ

今思い出してみても多分キリないぐらいいっぱいでてきます。

そう♡私はイライラ星人だったのです!

「でも結婚ってこうやって我慢しながら過ごしていくもんなんだよね?」

「お母さんがいつも笑顔でいれば家族円満で済むんだよね?(たとえ作り笑いでも!?)」

そう言い聞かせて過ごしていたのかもしれません

 

だけどなんだかしっくりこなかった。私の幸せ本当にこれでいいの?そう感じはじめるようになったのです。

24時間、365日、ただ子育てに追われる日々…毎日同じ繰り返しの中。私の楽しみって一体なんなんだろうと考えるようになっていきました。

そして35歳という節目の年を迎えるころ

ふっと、私の人生このままでいいの?自分に問いかけてみたのです。

もっと♡もっと♡心から幸せ感じたい!幸せな人生を謳歌したい♡そう自然に湧き出てきました。

そこから少しずつ、少しずつ【もっと自分の気持ちに正直に】過ごしてみる練習をし、沢山の夢を叶える行動にも挑戦していったのです。

 

最初は怖かった「一人でゆっくりコーヒーを飲みにいきたい」と言い出すこと。

まずは【自分一人の時間が欲しい】と考え、旦那さんに息子を預けて近所の喫茶店にコーヒーを飲みに行くことにしました。最初はなんとなく旦那さんに言いだすのが怖かった。嫌がられたらどうしようとか、ダメって言われるかな?って。でも勇気を振り絞って一言相談してみたら「あっ。いいよ♪ ゆっくりしてきなよ」あっさりOk  逆にビックリしたほどです笑

産後初めての一人散歩

近所にある本当に小さなコーヒー店でしたが、息子と離れて一人ゆっくりする時間はまるで結婚前の独身に戻ったようで、心も体もとても身軽になり心地よかったのを今でも覚えています。

そんな風に少しずつ行動を繰り返すうちにだんだんある変化が現れてきました。そうです♡私のイライラ指数がどんどん減ってきたのです^ ^

 

息子と離れる時間があると一緒にいる時はより大切に感じられる。

旦那さんのことを考えなくていい時間ができたことで、旦那さんと過ごす時間には脱ぎっぱなしの靴下やパジャマが気にならないほどに。

そのたった1杯のコーヒーがまるで魔法をかけたように【ママの時間】をも幸せにしてくれたのです♡

 

あれから2年たって♡

今ではどんどんわがままになり^ ^  土日のどちらかは旦那さんに子どもを見てもらい自分はお出かけ、夕飯は手抜き、日曜日は3食とも外食、東京や大阪に一人で行くことも自由にできるようになりました。

自分がママになって改めて感じること…

それは一人になる時間の大切さです♡

結婚して、子どもができて、これから24時間、365日、一生【ママ】として生きていく私たち。その長い長い【ママとしての毎日】をより笑顔で幸せに過ごすコツは【ママじゃない時間】も楽しむことなんじゃないかな♡と感じています。

あんなにイライラしていた出来事も、本当はその出来事に対してイライラしていたのではなく【ママじゃない私としての時間】が全くとれないことにイライラしていたんじゃないかな〜と。

 

【ママの時間】を幸せに過ごすために、ぜひ【ママじゃない時間】も大切にしてみて下さい♡

(まさにこのmamaバラプロジェクトですね♡)

もちろんいきなり大きなことから挑戦しなくてもいいのです♪

例えば1週間のうち1日だけはママだって一人でゆっくりお風呂に入る時間をつくってみるとか♡

子どもを預けて美容院に行ってみるとか♡

旦那や子どもが一緒ではない、私個人としてお友達とランチへ行ってみるとか♡

「預ける家族近くにいないしそんなの物理的に無理ー!」「いや、一人で出かけるなんて怖くてできない…」そんな方はぜひこのママバラのメンバーに会いにきて下さい♡きっと何か良いヒントに出逢えると思いますよ。

私たちはいつでもお待ちしております♡

ぜひ♪ ぜひ♪ 《自分だけの特別な時間》作ってみて下さい。オススメです♡

 

 

【ライター】

ノートとダイアリーを使った設定変更 認定講師
綱川 エミ

バランス図鑑はコチラからどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事