トイトレ完了まで1年は早い?遅い?

ご訪問くださりありがとうございます。

mamaライフバランスプロジェクト(ママバラ)

公式アンバサダーstokoです。

 

4歳と2歳の子をもつ育児ママです。

大事な大事な我が子を授かり、

育児をスタートさせて、はや5年目に突入しようとしています。

 

振り返れば濃厚な毎日だったけど、

育児をしているとあっという間に毎日が過ぎていきます。

 

毎日が新しい出来事との出会いの連続。

家族みんなで笑顔溢れる時間も、

悩んで悩んで試行錯誤した日も

今となってはすべてが宝物です。

 

その中でも、私が戸惑った経験の一つ。

でも今となってはいい思い出となった、

我が子のトイレトレーニングについて

綴りたいと思います。

みなさん、トイレトレーニングはどんなふうに行いましたか?

私のトイトレ記録は、決してスムーズだった!お役に立つ秘策!というものでは

ありません。ただただ、赤裸々に我が家のトイトレ記録をここに綴らせて

頂きたいと思います。

 

私は、第一子の時、まず

初めて聞く【トイトレ】という言葉に、頭の中にハテナがたくさんに。

【トイトレ】??

【トイ=おもちゃ??】だから【おもちゃトレーニング?】

それくらいのレベルでした。

育児雑誌を読むタイプでもなかったので、育児情報はもっぱら

ママ友頼み。そんなママ友もほぼ全員お一人目のお子様の育児

真っ只中だったので、みんなで手探りでした。

【こんな方法がいいらしい。3歳ごろには終わってたらいいらしい】とか。

すると、いろんな進捗具合が出てくるんです。

【〇〇ちゃんのところは、1週間家に閉じこもって一気にオムツ外したらしい】

【〇〇ちゃんのところは、うんちはおトイレでできるようになったけど、

おしっこはオムツらしい】

とかね。ふむふむ。

私も3歳ごろまでにオムツが外れればいいな~と軽い気持ちで

2歳ごろからトイトレスタート。

ちょうど保育園が始まるから、園での先生のサポートもあり

きっと楽にオムツが外れるんだろうなってお気楽に考えていました。

そして4月に保育園へ入園して本格的にトイトレスタート。

園では日中もパンツにしてくださっていたので、

トイレが間に合わないこともありつつも、

1か月後には、ほぼオムツが外れていました。

お家でも、嫌がらずにしてくれたので

「これでトイトレ完了♪」って思っていたのです。

(な~んだ♪こんなに簡単なんだってその時は思ってました笑)

 

それから1か月後、第二子の出産があり、

私も入院生活。家での環境も変わるので

オムツをつけさせることがありました。

 

するとそのあたりから、息子が家でパンツを履くことを

全力で拒否。パンツを履かせても、自分でオムツを持ってきて

オムツに履き替えるようになったのです。

そしてトイレに行かず、オムツで用を足す。

何とかトイレに一緒に行こうとしても、泣いて泣いて全力逃げ回り拒否。

そこまでする我が子の強い意志に、私も最初は戸惑いました。

「お兄ちゃんになって、この子なりに一生懸命主張してるのかな?」

「なにかストレスを感じてるのかな?」

とか。保育園の先生に日中の様子を伺うと

「園では、今まで通りおトイレに行ってますよ♪嫌がるときは無理してさせなくてもいいですよ。」とのことでした。

 

その時の私は、「この勢いで早くオムツを外したい!」と漠然と思っていたので、

その子のペースでオムツを外せばいいと思いつつも、

どこかでもどかしさを感じていました。

 

もともと出来てたことができなくなったから

余計だと思います。

(育児してると、子どもたちって

出来てたことをあえてしなくなる、

食べてたものが食べなくなるってよくありますよね)

それからさらに、

秋に引越しや住む環境の変化もあり、

なんとすっかりオムツ生活に元通り。

 

その後また3歳になる前あたりから、

トイトレを再開!最初はおしっこがトイレで行けるようになり、

自信をつけた息子は、うんちもトイレでできるようになっていきました。

こうして、

トータル1年間かかったトイトレが

完了したのでした♪

まさか、トイトレが1年かかるとは

もちろん誰も教えてくれませんよね笑

育児書に書いてないこと、想像もしてなかったことが

育児をしていると毎日のように起こります。

それは心がほっこりするようなエピソードもあれば、

戸惑いと悩みの試行錯誤のエピソードも。

そんな時に、「うまくいかないのは自分だけじゃないんだな♪」っと肩の力が抜けるエピソードに出会えると

頑張りすぎてた自分に、少しゆとりをあげられる経験が私はありました。

 

だからこそ、

こうした日常のエピソードもシェアすることで、

ぎゅっと苦しくなってたこころが、ふっと解きほぐされるような

機会となれば嬉しいなと思っています。

 

そしてこんな私が試した、トイトレ記録のポイントもここに

メモさせて頂きたいと思います。

・1歳頃から始めるトイトレ(第二子は1歳から始めました)は部屋に置ける「おまる」が便利だった。

・2歳頃から始めるトイトレは足の踏み台がある、自分で便座に座れるタイプのものが便利だった。

(できるようになってくると、自分一人でトイレに行きたがるし、それができると自信につながるのかとても嬉しそう。うんちも踏ん張りやすいみたい。)

・(最初は大変だけど)オムツをとってしまって漏らす経験をした方が、次からトイレにいこうとする意欲につながった。

・トイトレが完了したと思っていても、遊びに集中してるとトイレが間に合わないことは多々あり。(と、覚悟しておく)

・トイレに行けた時や、トイレを教えてくれたときは、子供と一緒にハイタッチ!出来るようになる自分が、とっても嬉しそうだった。

 

家では洗えないカーペットの上で、お漏らしをしてくれたときには

泣きそうになりましたが。。。

 

今ではすべてが良い思い出になりました♪

子どもの数だけ、トイトレの形がきっとあります!

 

なかなか進まなかったときは、

「1年かかった人もいたな」と、だれかの励みになれば幸いです♡

 

【ライター】

管理栄養士 stoko

バランス図鑑はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事