Blog

子育てしながら❝わたし❞を大切に
しようと奮闘しているママたちの365日

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 働き方・再就職
  4. 有給義務化スタート!あなたは自分のために有給を使っていますか?

有給義務化スタート!あなたは自分のために有給を使っていますか?

ご訪問くださりありがとうございます。
mamaライフバランスプロジェク(ママバラ)
公式アンバサダーのMAYUMIです。

働き方改革の一環として、有給5日間の義務化がスタートしましたね。
働くママさんにとって、有給義務化は自分が休む日数とやかくより、周りが有給を取得しやすくなることによって、自分も取得しやすい雰囲気になればいいな‥という感じでしょうか。

かく言うわたしも、有給義務化がスタートしたところで、子どもの学校行事や病気のために有給を使うので、あれよあれよと有給5日間の取得義務は果たせてしまいます(^^;

有給利用はちゃんとしてるし、そういう制度があることはとても助かります。

でも‥

それはあくまでも子どもや家族のために仕方なく休んでいるのであって、
自分のために有給を取得することはほとんどない。

そんな働くママ、多いんじゃないかと思います。

実際、以前のわたしはそうでした。

もともと独身時代から、有給はあまり積極的に取ることはなくて、付与された有給日数が何日あるかも興味ないくらい‥

退職時だけは有給消化の関係で確認したけれど、それ以外は特に気にしたことなかったんです。

いわゆる仕事人間だったので、「休む=悪」という思い込みがあったんですよね。
自分が幸いにも健康体だったので、病気で休むことがなかったのも大きいです。

ところが、

結婚して子どもが生まれたら、様々な場面で有給を取らなければ回らない生活に。

保育園や学校の行事、子どもの病気と自分のこと以外で休まざるを得ない状況で、有給日数があと何日あるのか、このペースで足りるのかしら?と気が気ではありません。

子どものことだし、休むのは仕方ない!と自分に言い聞かせても、もともと「休む=悪」の思い込みがあったわたしは、休むことへの罪悪感がいっぱい。
せめてと思い、自分事で休むことはしまいと、病気にならないように気をつけていました。

そんな中、旦那はというと、有給をしっかり取得する主義。
仕事の調整ができると「この日休むことにした」と、平気で自分のためだけの休みを取るんです。
もちろん、子どもの病気や行事の時に休んでもらうこともあるけれど、それ以上に自分のための休暇を取ることが多いんです。
(自分の病欠も多いです(ー ー;))

わたしは自分のために有給なんて取ったことないのに、なんで旦那ばっかり!?
ズルイズルイズルイ!!

そう思ってはみたものの、“じゃあ旦那にも自分のために有給取ることをやめさせる?”って考えると、

いや、せっかくリフレッシュのために有給取ることができる環境なら、それはそっちの方がいいわけで、
むしろやるべきことは逆だと気付いたんです。

ズルイ!と思うってことは、自分もそうしたいってこと。

だったら、自分も自分のために有給を取ればいいんだと。

そう気付いてから、まずは子どもの学校行事で休む時に、予定外の時間は自分の時間に充てることにしました。
それまではそんな時間も普段できない家事とかに勤しんでいたんです^^;

しばらくはそれでも「自分の時間が作れた」と万々歳でしたが、やっぱりそれだとどうしても、自分が望む時間に時間が作れないもどかしさがありました。

美容院やマッサージの予約がその日に取れずに断念、とか、あるセミナーに参加したいと思ってもその日にちょうどあるわけもなく‥

そんな中途半端なことをしていて、モヤモヤした状態が続くと、いよいよわたしは意を決して、

自分のために有給をまるっと1日取って、自分の受けたかったセミナーに参加することにしました。

その時もまだまだ罪悪感がありましたが、それ以上になんだか嬉しくて“自分の人生を生きている”感覚が湧き上がりました。

それからわたしは自分が休みたい時に休むことへの抵抗がだんだんと薄れていきました。
自分の好きな時に休むことを体験したことで、「休んでもいいんだ」ということを自分の中にインプットできたんだと思います。

わたしのように、子どもの都合で休みを取るからと、自分のためには有給を使うことを控えているママさんもいらっしゃると思います。
そんなママさんにぜひ、自分のためのお休みを自分に与えてもらいたいです。

“できない”と思っていることを“できる”に変える、第一歩になるかもしれないですよ。

【ライター】
気ままなワーママライフを送る
ママバラ公式アンバサダーMAYUMI
バランス図鑑はこちらから

関連記事