Blog

子育てしながら❝わたし❞を大切に
しようと奮闘しているママたちの365日

  1. HOME
  2. ブログ
  3. イヤイヤ期
  4. イヤイヤ期→ジガジガ期「子どもの目線で考えてみよう♪」

イヤイヤ期→ジガジガ期「子どもの目線で考えてみよう♪」

 

ご訪問くださりありがとうございます。

 

mamaライフバランスプロジェクト

公式アンバサダーの

管理栄養士sacchoです。

腸×脳で

ママを食から応援♪

そして子供たちを輝く未来へとつなぐ

食育講座を行っています。

4歳と2歳の子供がいます。

 

 

みなさんにとって

「イヤイヤ期」

って聞くと

どんなイメージでしょうか?

・何を言っても「イヤ!!」

・やる!といったら自分でやらないと気が済まない

・できないことをやりたがる

・手がかかる!

 

 

 

なんだかとにかく大変!

というイメージがありますよね。

では

「ジガジガ期(自我自我期)」

って聞いたらどうでしょうか?

・こどもの自我が芽生えてくるとき

・子供の発達が著しいとき

・自己主張が出てくるとき

・何事もチャレンジしたいとき

 

 

 

 

 

また違う印象に変わりますよね♪

いわゆる

「イヤイヤ期」といわれる

2歳ごろ。

この時期は

まさに「自我」が発達する

子どもにとって

とても大切な成長を遂げる時期。

自己主張が出てきて、

なんでも自分でやらないと

気が済まない。

思うようにならないと

「ギャーーー」と

泣き叫ぶ我が子。

私も、

とってもかわいいはずの

我が子たちが

突然、

怪獣のように見える

こともありました。

正直、

大人にとっては

「手がかかる」時期でもありますね。

時間と心に余裕があれば、

その姿が

「おもしろい!!」と思える。

でも余裕がないときは

「時間がないのに!!」

とイライラ。

泣き叫ぶ子供たちを

ベビーカーに乗せて

約束の場所へ猛ダッシュ!

なーんてことも。

2人の子供たちの子育てを経験して

私が感じた

「イヤイヤ期」を楽しむ秘訣。

それは

「イヤイヤ期」じゃなく

「ジガジガ期」と

捉えること。

イヤイヤ!!

と子供たちが発する

その原因と

向き合ってみたのです。

具体的には

子どもたちの成長・想いを知ること】

「子供たちは今

どんな発達の時期なのかな??」

「子供たちは

どんな思いを持っているのかな?

「何をしたいのかな?」

「何を満たしたいのかな?」

そして

次は、

子どもの言葉をリピートしたり、

子どもの想いを代弁してみました。

まだ言葉がうまく伝えられない時期は

「〇〇ちゃんは、こんなふうにしたいの?」

自分でお話ができるようになってきたら

「〇〇ちゃんは、どうしたいのかママに教えてくれる?」

「〇〇っていうことが伝えたかったのかな?」

ママが伝えた言葉の中に

自分の想いがピタリとハマると

不思議なくらい

子どもたちはピタリと

泣き止むのです。

「ママが理解してくれた!!」

「僕がやりたかったのは

そういうこと!!」

そして満たされると

また次々と

自分の「おもしろい!楽しい!」

と感じることに進んでいきます。

 

 

 

 

 

子どもたちの

嬉しそうな顔を見れたときは

私もすごくうれしかったです。

時には、

子どもたちの想いを

代弁してあげられないときもあります。

時には、

お手上げです。

と、どうにもならないこともあります。

だってママも人間ですもの♡

でもやっぱり、

どんな時も

子どもたちの健やかな成長を願い、

子どもたちの笑顔が見れれば

それだけでハッピー。

その気持ちに

変わりはありません。

子育ては

「大人が子供を育てる」

ではなく

「子どもと一緒に育つ」

私はそんな風に

感じています。

一緒に歩んで

共に成長する。

 

ママも、

日々勉強。

子どもたちが2歳の頃、

ママだってまだまだ

ママ2年生。

(まだまだ未熟ものです♡)

人生初めて経験する育児。

教科書だって何もないです。

日々試行錯誤。

ママが笑顔なら

きっと子供たちは

ハッピーです♡

とはいえ!

やっぱりイライラしちゃうんです!

という方はぜひ

コチラの記事も

読んでみてくださいね♪

【ライター】

ママバラ公式アンバサダー

栄養士

吉井 聡子

【ブログ】

https://ameblo.jp/bebima-shoku/

 

関連記事