Blog

子育てしながら❝わたし❞を大切に
しようと奮闘しているママたちの365日

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 夫婦関係
  4. 最悪の旦那様と結婚してしまった…

最悪の旦那様と結婚してしまった…

ご訪問くださりありがとうございます。

mamaライフバランスプロジェクト

公式アンバサダーのH.Nです。

happyの始まりは自分を生きること。

ママの笑顔が家族の世界の幸せにつながる。

結婚歴10年小学3年、6歳の子供の母です。

 

congerdesign / Pixabay

 

世の中には仕事もバリバリこなしているのに家事も育児も、

さらには妻にも…配慮を怠らない『イケダン』と呼ばれる旦那様がいる一方で、

旦那様が家事も育児も手伝ってくれないと悩むママもいます。

我が家は後者…。

最悪の人と結婚してしまった…とずっと思っていました。

 

家事も育児も、保育園の送り迎えも…何一つしてくれない旦那様。

私だって仕事しているのに何故?なんで私ばっかり…。

 

私の心の中にドロドロしたものが溜まっていきました。

 

旦那さんが帰ってきても振り向きもせず必死に夕食の準備をする私。

そんな毎日が夫婦関係に大きな溝を作って行きました。

 

でも、本当は旦那さんと幸せになりたい。

それなら悩む前に、諦める前に今の旦那さんと幸せになる方法を考えよう。

そう思い、自分と旦那さんとのパートナーシップを見直しました。

かねてから興味のあった
カウンセリングを学び
セルフカウンセリングを始めてみたのです。

 

geralt / Pixabay

 

パートナーシップを見直したい!
と決意する前の私は

旦那さんは何にもやってくれ『ない』

と『ない』現実にばかり目を向けていました。

『ない』に目を向けている限り私たちの脳は『ない』の証拠を集め、

ますます旦那さんは何にもやってくれないと思い込みを強くします。

 

なのでまずは小さなことでも旦那さんがやってくれている証拠を探す…

『ある』現実に目を向けていきました。

旦那さんは家族のために毎日お金を稼いでくれている…

そのおかげで暖かい家に住めて、

温かいご飯が食べられて。

『ない』に向けていたアンテナを『ある』に向ける。

そうすることで今まで気づかなかった『ある』現実がたくさん見え、

旦那さんに感謝できるようになりました。

やってくれてい『ない』と思っていただけで現実には沢山のものをもらっていた。

そう感じると旦那さんに穏やかに接することができるようになり

パートナーシップも改善しました。

約1年かけて
アンテナを変換することができました!

この1年間
私が毎日やってきた方法を簡単にシェアすると

①自分の感情が動いたときに
(ムカついた・悲しかった・イライラしている・嬉しいなど…)
その時の出来事と感情をセットでノートに書くこと

例)仕事が休みの週末、私は子供に起こされて
朝食の支度をしているのに!
旦那はグーグー寝ていて【出来事】

イライラが止まらない【感情】

②翌日以降、感情的ではないときに
そのノートを俯瞰する

③『ここに隠れている私の本音はなにかな?』と
冷静に自問自答していく
(↑心理学やカウンセリングを学んでいないと難しいかもですが
可能な範囲で)


本音1
私だってもっと寝たい!

本音2
先週もこうだったよね!
たまには変わってほしい!

本音3
気づいて!察して!
私ばっかり頑張ってる( `ー´)ノ

本音4
2人の子どもなのに
1人で子育てしてるみたいで
寂しい…

などなど

⑤本音から考察する

たまには旦那さんに
この週末の役割を変わってもらえたら
イライラしないのでは?

自分の本音を抑圧しているから
イライラしているのでは?

⑥旦那さんに伝える・向き合う

何をやってもらいたいのか、どうして欲しいのか…
を明確にし伝えること。

結局、私は旦那さんに手伝って欲しい、助けて欲しいと伝えていませんでした。

旦那さんはやってくれ『ない』から頼んでも無駄…

でも気づいて欲しいからわざと嫌な態度をとるの悪循環でした。

でも伝えないと伝わらない。

良好なパートナーシップにはコミュニケーションが不可欠。

相手を信じて自分を信じて『ある」を見つめて素敵な現実を作って行きたいですね。

 

【ライター】

公式アンバサダー H.N

関連記事